沖縄旅行2013年1日目

沖縄旅行
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは(^^)

2013年の沖縄旅行は…
時期:12月上旬
日程:3泊4日
宿泊先:
1泊目 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
2泊目 カヌチャベイホテル&ヴィラズ
3泊目 サザンビーチホテル&リゾート沖縄

待ちに待った沖縄( ´ ▽ ` )
新千歳8時発のJAL便、羽田で乗り換えっす。
昨年は予想外の悪天候で道路が渋滞、本気で時間ギリギリになってしまって焦ったのでこの日は4時に起床、5時に出発。
眠すぎる。。。

そして到着が早すぎた(笑)
空港に着いたの6時過ぎとかね。
まぁ時間ギリギリよりはずっと良いんですけど、朝ごはん食べようかなーと思っても、空港内の飲食店はまだどこもやってないので仕方がないので空弁。

空弁だから空の上で食べたかったけど、空腹には勝てないので地上で食べました。
photo:01
僕は牛めし、奥さんは2色寿司。
うまいっちゃうまいが、米が冷たすぎる。
いやー、冷たい(´;ω;`)

何とか時間を潰し、やっと飛行機に乗れます。
photo:02
1時間20分後、羽田に到着。

からのー、いきなりの沖縄。
photo:03

というのはフェイクで、羽田空港内の癒しスペースでした。
photo:04
なんだか早くも南国気分になれてちょっと嬉しかったり。

無事に乗り継ぎ、席を探すと
まさかのクラスJ。

今回、羽田~那覇便が最初満席でキャンセル待ちしてたんですけど、たまたま空いた席がJだったようです。
ラッキー( ´ ▽ ` )
やっぱJ席は広くて良いですね。

13時半、那覇に到着です。
photo:05
12月ですけどやっぱ沖縄は暖かい(‘ω’)
荷物取って、レンタカー借りて出発です(^^)/

今回のお供は日産のノート君。
札幌 東区!整体・オイルマッサージ がじゅまる
ノート君、4日間よろしくねー!

この日は1ヶ所だけ観光してホテルに向かいますよ。

ガイドツアーならではの冒険ができる!ガンガラーの谷がオススメ!

向かった先は、那覇空港よりも南にある『ガンガラーの谷』です。
ここは、昨年行った『おきなわワールド』のお向かいにありまーす。
おきなわワールドの目玉は玉泉洞という巨大な鍾乳洞なんですけど、ガンガラーの谷はガイドさんと一緒に歩いてまわるツアーがメインなんですねー( ´ ▽ ` )
敷地内の広場やカフェはお金がかかりませんが、敷地内のほとんどはツアーコースなので有料です。

16時からのツアーに申込んでいましたが、けっこう早く着いてしまいましたのでトイレに行ったり広場をウロウロ。

がじゅまる広場(無料ゾーン)
photo:06
これ、ガジュマルです(^O^)
けっこう大きいでしょ!!

さて僕はどこでしょう?
photo:01
ちょっと同化してみましたが、あまり上手く隠れていませんね…残念です。

ここがツアーの集合場所、ケイブカフェです。
photo:07
なんだか作り物に見えるかもしれませんが、もちろん本物の洞窟ですよ!
どうやらここは昔、水の中だったようです。
右側にブルーシートが見えますよね?
後からガイドさんに教えてもらいましたが、現在進行形で遺跡の発掘をしているようで
その現場なんだって(゚д゚)

まだ少し時間があったし、空腹だったのでカフェで軽食を。
photo:08
僕が食べたのはココナッツカレーとナンのセット。
これがね…
けっこう辛いんですよ(;∀;)
僕は辛いもの苦手なんですけど、中辛のカレーは何とか食べられます。
これはね、完全に中辛ではない(´;ω;`)ウッ…
味は悪くないんですが、僕にとっては辛すぎて挫折しそうになりました。

カフェの中はこんな感じ。
photo:09
もろ洞窟って感じで雰囲気がすごい。

さてさて、そろそろツアーの時間です。

わくわく。

16時になるとカフェ内の一ヶ所に集合しまして、先にガイドさんから座学的な感じで
お話しを聞きます。
ツアーの前に聞いておくと、これから行くツアーがわかりやすくなるので(^_^)
この日のガイドさんは若い女性の方でしたが、とても明るい感じで面白い人でした。

ツアーの参加者は大体20人弱くらいだったかな?
虫除けジェルが用意されていましたが、面倒くさがりな僕は無視w
奥さんは手足に塗っていました。
これね、後々思いましたが絶対塗った方が良いですよ!しかも念入りに!

さて、出発。

完全に大自然
photo:01
いーわぁー!自然いーわぁー!!
それにしても、現地の人って信じられないくらい寒がりですね~。
確かにいくら沖縄といっても朝晩は寒いですし、この日も夕方だったので肌寒かった感じはありましたが、冬物のコートを着るようなレベルではありません。
僕はシャツとカーディガンです。
他の参加者の人達も、厚着の人もいましたがそこまで着込んでる人はいませんでした。
でもガイドさんは
『いやー、今日は凄い寒いですけど皆さんけっこう軽装ですよねー?(゚д゚)
私なんてフリース何枚も着てますけどそれでも寒いですー((((;゚Д゚))))』ですって。

寒いっても、たぶん20℃弱はありましたよ。
そんな時、丁度ガイドさんに『お兄さんはどこから来たんですか?』と聞かれたので、即答で北海道ですって答えてやりました。
そしたらなんかガイドさんだけじゃなく、他の参加者の人達にまでそりゃぁ大変ですね的な顔されました。

それにしても、どこまでもどこまでも自然が一杯です。
photo:02
行くポイントポイントでわかりやすい説明をしっかりしてくれるのでとても楽しいですよ(^_^)

この小屋…っつっても壁ないですがw
photo:03
屋根の上にワサーっと乗っかってる植物ありますよね?
オオタニワタリっていうシダ科の植物ですが、この子は木やら壁やらどこにでもくっついて成長しちゃうんですって。

すごい賢い植物で、自分の葉っぱを使ってそこら辺の枯葉をキャッチ、自分の根っこ部分にそれを集めて栄養にしてしまうらしいです。
だから自分で動かなくても成長できるんですと。
すごいですねー!

はい、次のポイント。
この穴。

わかりづらいかもしれませんが、縦穴式の小さめな洞窟。
photo:04
イナグ洞っていうんですが、イナグってのは沖縄の方言で『女性』という意味らしいです。
深さは4mくらい。
縦穴なので入ることは出来ないのですが、中にはこの様な鍾乳洞があるらしいです!
photo:01
…凄くないですか?
まさしく『イナグ(女性)』です。

続いて、おきなわワールドの鍾乳洞に比べたら比べものにならないくらい狭いですが鍾乳洞へ。
ここは『イキガ洞』。イキガってのが先程と反対『男性』という意味です。
photo:05
ここね、本気で真っ暗なんですよ。

この写真でもわかるように、本当にお先真っ暗です。
photo:06
ガイドさんが本物のランタンを用意してくれています(^_^)
1グループに一個ランタンを貸してくれまして、その灯りだけで進みます。
普段ランタンなんて使わないから、ランタンで暗い洞窟を進むなんて大冒険みたいでワクワクしますねー*1ワクワク
インディジョーンズみたい(^^)

鍾乳洞に頭をぶつけないように気をつけながら先へ進むと…
この洞窟のメインである巨大な鍾乳石のご登場。

どやっ。
f:id:gajmal:20190516153008j:image
暗かったので若干写りが微妙ですが…
立派なもんです。

という事で、このイナグ洞とイキガ洞には、かなり昔から生命の誕生を祈願する為にたくさんの人が訪れるみたいですよ。
確かにこれはご利益がありそうな気がします。
けっこうな遠方から来る人もたくさんいるんだとか。

しかしながら、イナグ洞とイキガ洞…全く人工的じゃなく100%自然の力だけでここまでの形になるとは。
なんて神秘的。
神様って本当にいるんだなぁと思ってしまいます(^_^;)

ただただ、すごいなぁ~と思いながら次の場所へ。
ここがこのツアーで一番人気があるみたいですよ。

最初に載せた広場にあったガジュマルも十分大きいし素敵だったんですが
これはさっきのガジュマルよりもかなり巨大です!!

樹齢がおよそ150年の『大主(うふしゅ)ガジュマル』。
photo:08
デカいっす(ノ゚ο゚)ノ
高さが凄い。

ここに来る前から写真とかでは見たことありましたが、間近で見ると凄い迫力です。
去年は大石林山で樹齢200~300年級のガジュマルをたくさん見て、それはそれで凄いと思いましたがこれはこれでとても良かったです。
ちなみに沖縄の人ってガジュマルを庭に植えるの嫌がる人が多いらしいですよ。

なんでかわかります??

ガジュマルって『歩く』そうです。

と言うのも、ガジュマルって上の画像でも分かるように横に伸びた枝から根っこが次々に下方向に伸びてそれが幹になるんですよ。
で、古い内側から枯れていくので外へ外へと移動するらしいんですw
そんな面白い説明なんかを聞きながら歩くので、本当に楽しいです。

ちなみに、僕ここでアゴを刺されました。
いきなり奥さんから『アゴ刺されてるよw』の一言。
しかもずっとアゴに居たらしく、声をかけられた時にも止まっていたようですw
取ってくれましたが時すでに遅し。
ガジュマルに夢中で全く気づきませんでしたよ。。。

で、次。
これはなんだかわかりますか?
photo:09
確かけっこう最近発掘されたばかりって言ってた気がしますが
石棺です。
丁度ライトが当たってる辺りで、石が枠みたいになってるでしょ?
ここで何万年前だかの人骨が相当キレイな状態で見つかったらしいです。
見つかった時の写真を見せてくれましたが、ほぼ完璧な形でした。
何万年も前のものとは思えませんでした。

で、更に驚いたのは、上の画像ではわかりにくいかもしれませんが、手前のロープの辺りで段差が出来てるのってわかりますか?
段差より手前がここ数年の地面の高さで、段差より向こう側が何万年前の地面らしいです(°д°)
その差10センチもありません。
ここまで現代と差がないのって珍しいらしく、専門家の人達も驚いていたそうです。
ここも洞窟みたいな感じになっているんですが、ここまで地面に差がないってことは
ここ一体の風景も何万年も前とほとんど変わっていないだろう。との事。
だから、今自分たちが見ている風景は当時の人類の人たちが見ていた風景と変わらないんじゃないかって事です。
なんかそんな風に考えると不思議な感覚になりました。

さて、そろそろゴールです。
ガンガラーの谷のスタッフさんが制作したツリーハウスに登る。
photo:10
夕日がとっても綺麗でした。
このツリーハウスの上でも沖縄の方言の話しとか色々聞けて面白かったです(^^)

このあともう少しだけ移動してツアー終了!
約1時間20分でしたが、けっこうアッという間に終わっちゃった感じです(^_^;)
それだけ夢中になっていたってことでしょうかね。
内容としてはとても満足できるものでしたので行った事ない人にはオススメです。

www.gangala.com

時刻は6時前。
こっちは日が長いですねー!
まだ暗くない(;゚Д゚)
この時期の札幌なんて16時で暗いですからね(-_-;)

この日は早起きと飛行機で疲れたし観光はここだけ。
さっさとホテルへ向かいましょう。

ガンガラーの谷を後にして、向かうは1泊目のホテル。
この日に泊まったのは恩納村にある、かりゆしビーチリゾートホテル。

kariyushi-oceanspa.jp
チェックインすると、なぜかお部屋がグレードアップされていましてけっこう高層階でした。
グレードアップのお陰なのか…2人だけど謎にベッドが3つ(笑)

こちらのホテルはオーシャンタワーとウィングタワーに分かれていて、僕が泊まったのはオーシャンタワー。
オーシャンタワーは円形になっていて、その中庭は温水プールになっています。
photo:02
到着したのは夜だったのでライトアップされていて綺麗でした。
ちょっと入りたかったですが、疲れてたので断念。

夕食はホテルのバーでお酒と共に軽めに食べました。
この時期って、けっこうイルミネーションやってるホテルが多くて、バーのテラスからもキレイに見えました。
photo:04
クリスマスツリーもあります。
イベント期間中で、現地のアーティストが外でライブやってました。
野外テントでも島唄ライブがあったので、それは見に行きたかったんですが
やはり年のせいか、一気に眠気が来てしまってせっかく沖縄に来たのに僕は睡魔に勝てませんでした…(;∀;)

毎週欠かさずに見ている23時~のテラスハウスの放送まで見逃す始末。
翌日奥さんに内容を教えてもらい、札幌に帰ってきてからYouTubeで見ました…。

そんなこんなで1日目が終了。

*1:o(´∀`)o

面白いと思ったら1回ずつクリックしてくれたら嬉しいです(*’ω’*)
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スマホの方はコチラ↓から新着記事をお知らせします(*^▽^*)
沖縄旅行
スポンサーリンク
がじゅまる店長をフォローする
がじゅまる店長の気ままブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました