沖縄旅行2019年3日目~前半

沖縄旅行
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

おはようございます。
3日目の朝を迎えました。

カーテンを開けると、お天気はそんなに悪くないみたいです。
f:id:gajmal:20190424150209j:image
この日の天気はちょっと微妙そうな感じだったのですが、今のところは大丈夫そうかな?

奥さんの身支度が終わるのを大人しく待ち、お楽しみの朝ごはんタイムです。
この日の朝食はラウンジではなくて普通にビュッフェにしようということになりました。
インターコンチネンタル万座の朝食会場はクラブラウンジを除けば2ヶ所です。
メインとなるのは『アクアベル オールダイニング』でのビュッフェ、あとは和食ビュッフェの『雲海』です。
アクアベルは色々な種類のお料理があるみたいなので、この日はアクアベルに行ってみる事に。
ちょっと外観や店内の写真を撮り忘れたので、店内の写真を公式HPからお借りしました。
f:id:gajmal:20190424160727j:image
僕達はこの画像の窓側の席に案内されましたが、この日の気温的にちょっと寒かったです。
さっそく物色しに行きましょう。

・・・うーむ。
あれ、意外とそんなに種類が無い…のか?
そもそも種類が少ないのか、たまたま自分好みの物が少ないのかわかりませんが、結論としてあんまりテンションが上がらないラインナップでした。

とりあえず持ってきたけど…。
f:id:gajmal:20190424150225j:image
人参しりしり、沖縄風やきそば、紅芋、ゴーヤの漬物、ハム、焼売、ソーセージ、魚。
いつもは必ず何度もおかわりに行く僕ですが、この日はこれで終了。
味はいたって普通。
僕も一応は食べているので空腹感はなかったですが、不発感がすごい。
ホテルの朝食大好き人間からすると、これは正直ショックです。
奥さんもあまり食べたい物がなかったみたいなので、この後ラウンジに行って食べる事にしました。
ラウンジでは11時まで朝食を食べる事が出来ますよ☺
一応少し食べて来ているので、軽めの物にします。

2人とも豆腐ステーキを注文。
f:id:gajmal:20190424150148j:image
これウマいです。
塩味っていうか、けっこうアッサリだけど味が薄すぎるわけではなくてとても美味しい。
ほんと美味しい。
これだけでもけっこう満足できたんですけど、一応ビュッフェコーナーも覗いてみたら結局持ってきてしまいました。
f:id:gajmal:20190424150222j:image
デニッシュとスモークサーモンとゴーヤの何か。
デニッシュめっちゃうめー!
はー、満足した。

素朴な疑問なんですけど、明らかにアクアベルより美味しいのはどうしてなんでしょうかね?
同じホテル内なのに全然違う。
イブニングカクテルの時のアペタイザーもけっこう美味しかったから朝食ビュッフェ期待したのに、まんまと裏切られた感じだし。
まぁ、何はともあれとても美味しかったので良かったです。
あのまま朝食を終えていたらこの後元気に出かけられなかったかもしれません。

ラウンジでの朝食のお陰でスッキリお出掛けできそうです。
この日最初に行くのは、観光スポットではなくて地元のスーパーです。
たぶん沖縄で一番見かける気がする『サンエー』です。

旅行先のスーパーマーケットってけっこう良いですよね。
お土産なんか、物によってはも観光地で買うよりお手頃価格だし。
この日はサンエー石川ショッピングタウンに行ってみました。
食料品コーナーを見るのが好きです。
f:id:gajmal:20190424150233j:image
てびちとか食べた事ないですが、やはりこちらではポピュラーなのですね。

f:id:gajmal:20190424150213j:image
f:id:gajmal:20190424150244j:image
ご当地グルメのレトルト商品も豊富。

こちらも沖縄県民からすれば無くてはならない物なのでしょうか?
沖縄のステーキ屋さんには絶対にあるステーキソース2種。
f:id:gajmal:20190424150219j:image
基本、ステーキには和風ソース!な僕はちょっとこの2種類のソースは苦手です。。
ソース自体の味は良いのかもしれませんがステーキには合わないような。
何てこと言ったら沖縄県民の皆さんから怒られてしまうかもしれませんね(^-^;
すんません。。

沖縄そばも豊富。
f:id:gajmal:20190424150200j:image
こうやって見ると、沖縄そば、宮古そば、糸満そば…色々と種類がありますね。
宮古そばというのも良く聞きますがイマイチ違いがわかりません。
勝手なイメージですけど、沖縄そばよりも少し細いイメージがあったりなかったり。

てびち、テールのレトルト
f:id:gajmal:20190424150154j:image
うおー、足と尻尾がいっぱい。
やはり見慣れていないので何とも言えない気分です。

中味汁ってこんな感じなんすね。
f:id:gajmal:20190424150151j:image
ネーミング的な問題もあり、なかなか食べようと思えない中味汁。
味の想像すら出来ない一品でしたが、袋に『あっさり味』と書いてますね。
勝手に多少なりとも臭みがある想像をしていたのですが、意外とおいしいのかな?
もつ鍋みたいな感じ?
沖縄は大好きなんですが、やはり郷土料理となると興味はあっても中々手を出せない小心者な僕です。
他にも島豆腐コーナーとかもあったし、総菜コーナーも沖縄感満載。
やっぱり地元スーパーは面白いですね。

2階の衣料品コーナーも物色。
可愛いかりゆしウェアがあれば買おうかなとか思っていたのですが、あいにく気に入るものが無かったので、1階に戻って泡盛2本と沖縄そばとジーマーミー豆腐だけ買って終了。

さて、車に戻りましょ。
あら、ちょっと雨が降っております。

小走りで車に乗り込んだ次の瞬間この有様です。
f:id:gajmal:20190424150203j:image
画像でお伝え出来ないのが残念ですが、まさにバケツひっくり返し状態です。
どひゃーです。
車に乗ってからで良かったですけども、やはり降ったかー。
まぁそのうち止むでしょう!
という事で、次行きまーす(‘ω’)

穴場スポット!探検好きの方にオススメの鍾乳洞!ケイブオキナワ

次に向かったのはケイブオキナワです。

沖縄本島の鍾乳洞で有名な所と言えば、おきなわワールド内にある玉泉洞ではないでしょうか?
僕も2回程行った事がありますがかなり広くて見ごたえのある鍾乳洞ですよね☺
ケイブオキナワはまだオープンして間もない事もあり観光客がとても少ないですし、玉泉洞と違い鍾乳洞の規模が小さいとの事。
事前にHPで確認しましたが、本当に自然って感じで小規模だから余計に冒険心をくすぐられるというか…なんかワクワク感が凄くてこれは行ってみたいと思いました。

料金も大人1名500円と格安。
子供は300円だったかな?
紅白岩という縁起の良い鍾乳石もあるらしく、これは楽しみ!

それでは行ってみましょう。
まず駐車場に着くと料金を支払い、軽い説明とパンフレットを貰います。
駐車場から鍾乳洞まで少しだけ距離があって、100mくらいかな?あるくと看板が。
f:id:gajmal:20190424150247j:image
矢印に沿って進むと、さらに矢印。
f:id:gajmal:20190424150240j:image
ここを降りて行くと…。

おおっ!なんか雰囲気が凄い。
f:id:gajmal:20190424150236j:image
この時点で、若干奥さんが心配。
うちの奥さんけっこう怖がりなので、この雰囲気大丈夫かな?

鍾乳洞の入口。
f:id:gajmal:20190424150229j:image
玉泉洞は大規模なので観光スポット向けな感じですが、こちらはどちらかというと観光スポットって雰囲気ではない感じがします。
この中に入ると天井も高くそれなりに広い空間なんですけど、この空間から先に進む通路が…

こんな感じ。
f:id:gajmal:20190424150157j:image
え?めっちゃ狭くない?

いやいやいや、これは狭いですよ(笑)
f:id:gajmal:20190424150216j:image

この狭さが伝わるでしょうか?(^-^;
f:id:gajmal:20190424150206j:image
これは冗談抜きでかなり狭いです。
ご覧の通り、人ひとりが通れるくらいの幅しかありません。
僕が先頭で進んでいたのですが、これはちょっと予想以上に狭いので後ろにいる奥さんの事を考えると心配しかありません。
僕『大丈夫?行ける?』
奥さん『…いやー、これはちょっと厳しいかも。。さっきすぐ横に蜘蛛いたし、その先にもでっかいクモの巣見えてるし…。』
案の定、けっこう無理っぽい感じです。
なんせ通路が狭くて壁が近いので虫との距離も近いんですよね。
奥さんの話し方がけっこう厳しそうだったので、とりあえずさっきの広い空間まで戻ろうか?と言うと、戻る奥さんのスピードが速い事速い事(笑)
『蜘蛛ってどこにいたのー?』という僕の問いかけにも、『そのまま戻ってくれば当たらないから!』という質問の内容と合っていない回答を口にしながらピューっと戻っていきました。
あの通路が相当嫌だったのでしょう(;^ω^)
広い空間に戻り、会議です。
奥さんは気を使って、一人で待ってるから行ってきてもいいよと言ってくれましたが、さすがにこんな周りに何にもない所に数十分も待たせたくないし、奥さんは車の運転も出来ないので別の所で時間潰すこともできないですから、会議の結果…
残念ながら、僕達のケイブオキナワはここで終了です(笑)
見どころをレポートできなくてすみません。

僕達はパンフレットを全く見ないでとりあえず進んでいたので、あの狭い通路がどれだけ続いていたのかわかっていませんでした。
車に戻ってから改めてパンフレットを見てみると鍾乳洞の全貌が記載されておりましたが、これは戻って正解だったかも。
f:id:gajmal:20190424150508j:image
『広場』と書かれたところが最初に話した少し広い空間で、たぶん狭い通路を10mくらい進んだところで引き返しているので、見どころが集まっている中央広場までまだまだ歩かなければなりませんでした。
で、中央広場の後もまた狭くなるようだし、しかもちょっと上り坂だし、更には出口が異常に狭くなっているようなので、これは奥さんにとってかなり厳しかったみたい。

僕達は断念してしまいましたが、子供さんとかは喜びそうな感じですし、平気な人からすればけっこう楽しめるスポットだと思いますよ☺

cave-okinawa.com

自分のせいで行けなかったことを、やたらと気にする奥さん(笑)
とてつもなく気にしているので、このままホテルに戻ると更に気にしてしまうでしょう。
そこで、ここの代わりと言ってはなんですが、一応”自然つながり”ということで『東南植物楽園』に行ってみる事にしました。
ごめんねと気にする奥さんを慰めつつ、気を取り直して次のスポットに向かいましょう(‘ω’)

コメント

タイトルとURLをコピーしました