おすすめ・人気記事
パワースポット

沖縄の穴場パワースポット【アポガマ】に行ってきました!

アポガマ 行き方 駐車場

こんにちは☺

今日のブログは沖縄本島の穴場スポットである

アポガマ

についてお伝えしていこうと思います(*^^*)

アポガマは穴場スポットであると同時に
恋愛運のパワースポットでもあるので、パワースポット好きな方にもおすすめですよ♪

パワースポット云々を抜きにしても、沖縄らしい壮大な自然を感じられる場所で
とても素敵な場所でした!

パワースポットの宝庫である沖縄ですが
有名どころではなく、ちょっと穴場スポットに興味があるという人は是非参考にしてみて下さい(^^)

アポガマの行き方と駐車場☆画像付きでわかりやすく解説

沖縄の穴場スポット、隠れスポットといわれている『アポガマ』ですが
行き方自体は意外と難しくありません(^^)

なぜなら

Google先生という強い味方がいるから(゚∀゚)

Googleマップって本当に凄くて、穴場と言われている場所でも普通に教えてくれるんですよね~!
(現在は封鎖されている「備瀬のワルミ」ですら的確に案内してくれましたし)

アポガマの住所は
〒904-0411 沖縄県国頭郡恩納村恩納4484

住所的には本島北部になりますが、感覚的にはちょうど真ん中くらいの位置にあって
那覇空港からであれば車で1時間弱という感じです☆

とってもわかりやすい目印としては

万座毛のめちゃくちゃ近く!

この象さんの鼻みたいなやつです(^^♪

万座毛といえば、沖縄の観光スポットとしてはかなり有名どころなので知っている人も多いと思いますが
そんな万座毛のすぐ下くらいに
アポガマという隠れスポットが存在している事は、まだまだ知らない人が多いです(^^)


アポガマへの行き方駐車スペースについてを簡単に説明を☆

Googleマップを使えば特に解説も必要ないかもしれませんが
念の為ちょっと解説しておきます☺

まずは万座毛に向かいましょう!

で、万座毛の駐車場にもうちょっとで着きそうだよってくらいの所で左折です☆

まっすぐ進むと本当にもうちょっとで万座毛の駐車場ですが
ここを左折しましょう(^O^)

アポガマの注意点

アポガマは手付かずの場所ですので、トイレ等はありません☆

心配な場合は、万座毛の駐車場にトイレがありますので
アポガマに向かう前に寄ってくださいね(^^)

ここを左折した後は、農道みたいな道が続きますが
たぶん3分くらいで到着しますよ(^^)

ゴール付近になると小さいですが看板も出てきます☺

ここら辺は米軍の方をはじめ、沖縄在住のアメリカ人の方が多いので
英語でも書いていますが

Mermaid Grotto Cove

人魚の洞窟の入り江…。

う~ん、なんとも素敵な響き。

日本語というか、沖縄語?だと
アポガマは『大きな洞窟』という意味ですが
ここらへんはさすがアメリカンな感じがしますね(^◇^)

 

そんなこんなでアポガマの入口に到着です!

アポガマには駐車場という場所はありませんが、入り口付近は路駐しやすそうな道路になっていますので、ここら辺に適当に停めてOKです♪

↑の白い車は僕のレンタカーですが、他の人も同じようにここに路駐していました☺

長時間でも問題ありません(゚∀゚)

アポガマは手付かずの自然とシュノーケルをのんびり楽しめる

車を停めたら、さっそくアポガマへ向かいましょう(^◇^)

 

アポガマの入口は天然な雰囲気が抜群!

こういう中に入っていくのって、ちょっとワクワクしますよね~( *´艸`)

 

入り口には注意書きが☆

こちらの注意書きにも書いてありますが
アポガマって穴場ダイビングスポットとしても好んで使う人がいるくらい深い場所もあるので
特に子供さんがいる場合は注意しましょう!

 

いざ中へ!

この通路はさほど長くないのですが、雨が降った翌日なんかだと
滑りやすいので注意が必要です☆

この日は前日も晴れていましたが、それでも若干滑りそうな感じがありましたよ。

 

ジャングル通路を抜けると綺麗な海が見えてきました(^O^)

このジャングルゾーンを抜けると一気に海!

 

そして右側を見るとアポガマがドーンと登場\(^O^)/

画像だとどうしても迫力が伝わらないのが残念ですが
かなり大きな岩です☺

 

アポガマはどちらかというと日本人よりもアメリカ人の方がよく遊びに来るみたいで
この日も数名いました☆

休日なんかはテントを持ってファミリーで遊びにきているアメリカ人が多いようですよ(‘ω’)

 

とはいえ、観光客はあまり来ないですし
だからと言って地元の人もさほど来ませんので
じっくりとシュノーケリングを楽しみたいという人には最適な場所ですね!

 

それこそテントでも持ってゆっくり過ごすにも最適な環境だと思いますが
ただ一つ気になるのは…

アポガマ周辺には細かい石やサンゴだらけで、砂浜っぽくなっている場所がほぼ無いです(;’∀’)

大体の場所はこのような感じ☆

 

それか、海に近くなるとこんな感じの岩場も多いです(‘ω’)

全体的に足場はこのような感じですし
最初に通ってきたジャングルゾーンの事を考えても、できるだけ歩きやすいサンダルの方が良いと思います☺

 

波打ち際の岩場も、けっこう鋭い場所があるので
底が薄めのビーチサンダルだと少し痛いかもしれません(;^ω^)

同じサンダルでも『島ぞうり』の方が底が厚めに出来ているので歩き心地は良いと思いますね(^^♪

 

がじ店長
がじ店長

特に、女性の方はヒール付きのサンダルにご注意ください!

 

で、肝心のアポガマに近寄ってみたのですが…

この日は何も考えずに行ってしまった為、潮が引いていない(笑)

潮が引いている時間帯であれば、洞窟みたいになっている所まで歩いて行けるのですが
この時の僕の格好(ハーフパンツとサンダル)ではこれ以上は進めず…( ̄▽ ̄;)

 

※参考画像

潮が引いている時の洞窟内は、足場はありますが
海水が貯まったままの部分が天然プール状態になり、そこでキレイな小魚を見ることも出来ます♪

子供さんが遊ぶにも丁度良い大きさだと思いますよ(^O^)

 

アポガマ以外にも洞窟っぽい所が☆

これ以上進む勇気が無くてここで断念しましたが(;’∀’)

アポガマはシュノーケルを含め、完全に海に入る目的で行くのであれば時間帯は特に気にする必要は無いと思いますが
海に入らないのあれば干潮時に行く事をお勧めします(^^)

干潮時であれば水に濡れることなくアポガマの中に入れますし、可愛い魚たちを見ることも出来るので(^O^)

アポガマは恋愛パワースポット!

ブログの冒頭でもお伝えしましたが
アポガマは穴場絶景スポットであると同時に
恋愛運のパワースポットでもあるんですね~(^^♪

アポガマの由来は?

そもそも『アポガマ』という名前の由来ですが
アポ=大きい
ガマ=洞窟

という説と、もう一つとても素敵な説があります♪

アポ=約束(アポイントメント)
ガマ=洞窟

大昔は恋人たちがこの洞窟でデートの約束をして会っていたという説☆

このような理由からアポガマは恋愛パワースポットと言われています☺

そして、アポガマが恋愛パワースポットと言われている理由はまだあります!

沖縄本島で有名な恋愛パワースポットとしては
古宇利島のハートロックが超メジャーだと思うのですが
実は、このアポガマにもハートロックがあるんです♪

 

アポガマに入る少し手前の地面を探してみましょう(゚∀゚)

 

どうですか?100%ハート(笑)

これは誰が何と言おうとハートにしか見えないくらい完璧なハートですね!

サイズ的にはそこそこ大きくて、このハート型の中に大人2人分の両足がピッタリ入る感じですので
カップルで行った場合はこの中に立って撮影すると良さそうですよ( *´艸`)

 

アポガマは比較的人が少ない穴場恋愛スポット☆

恋人たちが会う約束をしていたというロマンティックなエピソードもありますし
可愛いハートロックもあります(^^)

静かな時間帯を狙って洞窟の中で素敵なプロポーズ…

なんていうのも良いかもしれませんね( *´艸`)

ジジイの独り言

アポガマは比較的人が少ない穴場恋愛スポット

恋人たちが会う約束をしていたというロマンティックなエピソードもありますし
可愛いハートロックもあります(^^)
(古宇利島のハートロックはメジャー過ぎる気もするので、この隠れ家的な雰囲気ってとても良くないですか?)

静かな時間帯を狙って洞窟の中で素敵なプロポーズ…

なんていうのも良いかもしれませんね( *´艸`)

沖縄の穴場パワースポット【アポガマ】に行ってきました☆おわりに

ということで、今日は沖縄には数あるパワースポットの中から
穴場+絶景を楽しめる『アポガマ』についてお伝えしました(^^♪

万座毛のすぐ近くで比較的わかりやすいですし
水質が良い事に加え、人が少ないのでシュノーケルやダイビングをするにもストレスなく
快適に楽しめてオススメです!

更には可愛いハートロックまである恋愛パワースポットですからね(^^♪

 

僕は残念ながら満ち潮だった為に断念しましたが
アポガマは外から見るだけでなく、洞窟の中から見る景色がこれまた絶景なので
これから行く皆さんは是非とも洞窟内部まで潜入して、小魚プールも含め洞窟内からの絶景も楽しんでもらえたらなと思います(^^)

それでは今日はこの辺で~!