【ザ・リッツカールトン沖縄】まとめブログ☆部屋やレストラン、クラブラウンジについて☆

こんにちは~(*^^*)

今日のブログではリッツカールトン沖縄についてわかりやすくまとめていきたいと思います!

日本国内はもちろんのこと、世界的にも高級ホテル…いやいや、最高級ホテルブランドとして名高い『ザ・リッツカールトン』

そんなリッツカールトンですが、沖縄のリッツカールトンはどのような感じなのでしょうか?

お部屋やレストラン、プールに加え
2021年4月から通年オープンとなる待望のクラブラウンジについてもしっかり書いていきますので
最後まで読んで頂けると嬉しいです♪

ではいってみましょう!(*^▽^*)

リッツカールトン沖縄ってどんなホテル?アクセスを含め簡単にご紹介☆

リッツカールトン沖縄 ブログ

ではまず初めに、リッツカールトン沖縄がどんなホテルなのかを簡単にご紹介します☆

ザ・リッツカールトンは冒頭に書いたように、リッツカールトンと聞けば
すぐに『高級ホテルだ』と連想してしまうほど世界的に有名な高級ホテルブランドですよね☺

リッツカールトンは東京、大阪、京都、沖縄、2020年には北海道のニセコにもオープンしましたので
日本国内では5か所となり、今日ご紹介するリッツカールトン沖縄は
沖縄本島北部、名護という場所にあります(*^^*)

リッツカールトン沖縄 アクセス 那覇から

那覇空港からだと

高速道路利用で70分程度
一般道の場合で90分弱といった感じですね(^^)

リッツカールトン沖縄の特徴、と言って良いかわかりませんが
おすすめポイントとしては

日本国内にあるリッツカールトンの中でいえば
宿泊料金が比較的お手頃だということです♪

リッツカールトン東京なんかだと、日本国内のホテルの最高峰と呼ばれているくらい
格式が高く料金も高いです(笑)

京都に関しても中々予約が取りにくくお値段も高級。

ニセコに出来たリッツカールトンリザーブも1泊5万円以上する高級仕様です( ̄▽ ̄;)

僕の感覚ですと、大阪と沖縄のリッツカールトンがお手頃価格で利用できるというイメージですね!

サービス内容としてはやはりリッツカールトン東京が断トツでズバ抜けている感じですので
そこと比べるとどうしても落ちてしまいますが
とはいえ天下のリッツカールトンですので沖縄の一般的なリゾートホテルと比較すれば
かなり満足のいく接客サービスを受ける事が出来るでしょう☆

そういった意味ではコストパフォーマンスの高いホテルと言えるのではないでしょうか?

リッツカールトン沖縄のもう一つの特徴としては
リッツ沖縄は喜瀬カントリーというゴルフ場の隣ですので、ビーチフロントのホテルではありません。

海を見る事は出来ますが、ゴルフ場の奥に海を眺めるという感じですね☺

キレイに手入れされたグリーンと奥に見えるブルーのコントラストを楽しむことが出来ます☆

リッツカールトン沖縄のお部屋の種類と特徴☆客室の違いやおすすめは?

リッツカールトン沖縄がどんなホテルなのか簡単にですがわかったところで
まずはリッツカールトン沖縄のお部屋についてお伝えしていきます♪

リッツカールトン沖縄の客室は
通常客室が4種類
スイートが2種類の計6種類となっており
どのお部屋も落ちついた大人のインテリアといった感じで
広さに関しても最低でも45㎡ありますのでゆったりと過ごすことが出来ます☺

種類や広さを表にまとめました☆

名称広さフロア最大人数
デラックスルーム45㎡
屋外テラス7.5㎡
54室
(ツイン52:キング2)
1~4階2名
ベイデラックスルーム45㎡
屋外テラス7.5㎡
24室5~6階3名
プレミアデラックスルーム58㎡
屋外テラス7.5㎡
9室
(ツイン5:キング4)
2~5階3名
カバナルーム45㎡
ガーデンテラス30㎡
8室1階2名
プレジデンシャルスイート105㎡
屋外テラス100㎡
1室7階4名
ザ・リッツカールトンスイート105㎡
屋外テラス100㎡
1室7階4名

一般的な客室であるデラックスルームでも十分リラックスできる空間ではありますが
スイートになってくると一気に格が上がると言いますか…なんか広さを見ただけで圧巻ですね(笑)

続いて、リッツカールトンの各客室について個別にご紹介していきましょう♪

リッツカールトン沖縄のデラックス&ベイデラックスルーム

お手頃な順番から紹介していきますが
最初はデラックスルームベイデラックスルームです☺

リッツカールトン沖縄 部屋 おすすめ

デラックスルームとベイデラックスルームはお部屋自体はほとんど一緒なので
2種類まとめてご紹介します☆

リッツカールトン沖縄の中で一番客室数が多くお手頃価格のデラックスルームと
ワンランク上のベイデラックスルームの大きな違いは階数の違い(^^)

1階~4階の比較的低層階がデラックスルーム
5階と6階の高層階設定がベイデラックスとなっており、
お部屋の広さやレイアウトはほぼ変わりません。

あとは、ベッド数が異なる場合がありますね!

デラックスルームの場合はダブル×2台の他にも
キングサイズ1台も選択OKな事に対して
ベイデラックスルームはダブル×2台のツイン設定のみとなります☺

で、眺望も同じ感じで
階数によって向きが変わってきますが
ゴルフ場ビューか、遠いけど海ビューのどちらかですね(^^)

がじ店長
がじ店長

リッツカールトン沖縄は全客室ビューバス付きですよ♪

リッツカールトン沖縄 部屋 おすすめ

広々としていてとても開放的!
素敵なバスルームですよね~♪

とっても素敵なこのビューバスですが
お分かりの通り、外から丸見えです(笑)

窓の向こうはゴルフ場ですので、昼間だとゴルフ客から見えてしまう可能性が…( ̄▽ ̄;)

もちろんブラインドは付いていますので昼間に入浴する事は可能です☺

ということで、リッツカールトン沖縄で
デラックスルームかベイデラックスルームのどちらかを利用しようと考えている場合は
このビューバスの事も考えてお部屋選びをする事をお勧めします♪

デラックスルームは1階~4階ですので
チェックインした際に1階や2階であればけっこう丸見えになってしまいますので
ブラインドは必須!

リッツカールトン沖縄 部屋 違い
ご覧のように、1階&2階はすぐ目の前がゴルフ場です(笑)

逆にベイデラックスルームになると
5階か6階の高層階確定なのでゴルフ客から見えにくいですね☺

お部屋の広さやレイアウトはベッドタイプ以外は変わりませんので

『お風呂はブラインドすれば良いから低層階でも気にならない』という方であれば
デラックスルームの方が料金も安いのでお勧めです(^O^)

リッツカールトン沖縄のプレミアデラックスルーム

お次はお部屋の広さが広くなって更に豪華さが増した
プレミアデラックスルーム(^^)

リッツカールトン沖縄 部屋 おすすめ

プレミアデラックスルームはテラスの広さはデラックスやベイデラックスと同じですが
室内の広さが58㎡とかなり広くなったタイプのお部屋です♪

プレミアデラックスルームの特徴としては
角部屋だという事ですね☆

リビング部分がかなりゆったりとしているので優雅に過ごせること間違いなしのお部屋です☺

プレミアデラックスルームのベッドタイプは
キング1台かダブル2台のお好きな方から選ぶことが出来ます♪

こちらのお部屋は2階~5階設定ですので
ビューバスが気になる場合は、絶対ではありませんが
予約の際に高層階リクエストしておくと良いでしょう♪

がじ店長
がじ店長

僕はどんなホテルでも高層階を含め、希望の条件がある場合は
ダメ元で予約の際にリクエストしてみます(笑)
けっこうお願いを聞いてくれることが多いので是非お試しください☺

リッツカールトン沖縄のカバナルーム(ジャグジー付き)

お次は高級リゾート感が一気に高まるカバナルーム

リッツカールトン沖縄 カバナルーム

室内の広さはデラックスと同じ45㎡となり、プレミアデラックスルームよりも狭くなってしまいますが、その代わりに30㎡もあるテラス&屋外ジャグジーが付いている豪華なお部屋!

1階設定ですが、しっかりと目隠しされているので落ち着いて利用できるお部屋ですよ☺

ジャグジーも、これまた雰囲気のある立派な作りで
南国リゾート感を満喫できます!

リッツカールトン沖縄 カバナルーム

ジャグジーの横にはデイベッドも完備♪

これはかなり豪華ではないでしょうか?

カバナルームのジャグジーから外に出るとすぐ屋外プール(宿泊者共通の)がありますので
プールに行くのもとても楽ちんです♪

屋外プールで遊んだ後、そのままジャグジーで体を温める事ができるのも
カバナルームの特権ですね(^^♪

がじ店長
がじ店長

念の為、ちょっとだけ注意事項を☆
カバナルームは1階のみで、ジャグジーはご覧の通り屋外となりますので
タイミングによっては虫さんがコンニチハする可能性があります(^_^;)
極端に虫が苦手な方はご注意くださいまし(笑)

プレジデンシャルスイート&リッツカールトンスイート

では最後にスイートルーム2種☆

リッツカールトン沖縄 スイート

広さも一気にアホみたいに広くなります(゚д゚)!

庶民にはあまり関係なさそうなスイートではありますが
庶民じゃない人もこのブログを見てくれているかもしれませんので
念の為書いておきましょう(笑)

リッツカールトン沖縄のスイートは2種類ありますが
広さなど、似た感じなので一緒にご紹介させて頂きます(*^^*)

こちらがプレジデンシャルスイート

リッツカールトン沖縄 スイート

リッツカールトン沖縄 スイート

こちらがリッツカールトンスイート

リッツカールトン沖縄 スイート

こちらのテラスはリッツカールトンスイートのテラスですが

リッツカールトン沖縄 スイート テラス

プレジデンシャルスイートのテラスもこんな感じで
ジャグジー&ソファースペースがあります♪

リッツカールトン沖縄のスイートは部屋だけでも105㎡と十分過ぎる広さですが
更にテラスが100㎡(゚д゚)!

合わせると200㎡以上というかなりの広さですから
とんでもなくゴージャズな沖縄旅行を堪能できるでしょうね~(*´ω`)

2つのスイートルームの違いは?

リッツカールトン沖縄のスイートは室内、屋外テラス共に同じ広さであり
テラスにジャグジーがあるという事も一緒です☆

加えて、2室とも270°のパノラマビュー!

レイアウトの違いはありますが、一番大きな違いといえば
プレジデンシャルスイートは1ベッドルーム、リッツカールトンスイートは2ベッドルームというところです(*^^*)

がじ店長
がじ店長

リッツカールトン沖縄のスイートでは、なんと天体望遠鏡を貸してもらう事が出来ます!

せっかく素敵な屋外テラスがありますので、本格的な望遠鏡できれいな星や月を見ながら癒されるのも良いですね~♪

と、リッツカールトン沖縄のお部屋の種類は大体こんな感じです☺

あ、お部屋紹介の最後に各お部屋の宿泊料金を参考程度に書いておきますので
お好みに合わせて選んでみて下さい♪

ここで書いている料金は2名で利用した際の1室合計料金、朝食付きで書いておきます(^^)

お部屋の種類2名利用時の1室料金(税込み)
デラックスルーム52.000円~
ベイデラックスルーム59.000円~
プレミアデラックスルーム71.000円~
カバナルーム71.000円~
プレジデンシャルスイート360.000円~
ザ・リッツカールトンスイート360.000円~

リッツカールトン沖縄のレストラン☆お手頃~高級まで♪

お次はリッツカールトン沖縄のレストランについて見ていきましょう!

リッツカールトン沖縄には3つのレストランに加え、ロビーラウンジが1つで
飲食が出来る場所は合計4か所となります☺

リッツカールトン沖縄は、リッツカールトンブランドの中では比較的お手頃価格で泊まることができますが、レストランはやはり高級志向(笑)

がじ店長
がじ店長

鉄板焼きとイタリアンに関しては、基本的にコースメニューとなりますが
一番安いコースで考えても、沖縄の一般的なリゾートホテルと比較すれば高額です☆
宿泊料金が高いホテルって意外にもコースディナーが10.000円ちょっとくらい~でいけたりする事もあるんですけど、リッツにはそんなコースは存在しません(笑)

とはいえ、アラカルトで注文できるお手頃なレストランもありますので
特に問題はないかと思います☺

では、リッツカールトン沖縄の各レストランを簡単にご紹介していきます(^^♪

リッツカールトン沖縄のレストラン『喜瀬(鉄板焼き)』

まずは、高級ホテルのレストランとしては必ずあると言っても良いくらいに人気がある
鉄板焼きのレストランである『喜瀬(きせ)です☆

リッツカールトン沖縄 レストラン ブログ

喜瀬は基本的にディナー営業のみとなりますが
季節や曜日限定でランチ営業していることもあります☺

喜瀬のディナーコースメニューは

一番リーズナブル(?)なコースで
お一人様22.000円(゚д゚)!

そもそも鉄板焼きってお高いイメージはありますが
それでも1万円台~用意しているホテルが多い印象であります(^^;)

喜瀬は最低ラインでも2万円以上ですので、これは中々高級ですね!

で、一番高級なコースで
お一人様34.000円!

その間に
27.000円
29.000円のコースもあります☺

完全に高級志向な喜瀬ですが、優雅な沖縄旅行にはぴったりなレストランですね(*^^*)

鉄板焼きレストラン 喜瀬

  • 営業時間
    ディナー 17:30~21:30
    ランチ  12:00~14:00
  • ドレスコード
    スマートカジュアル
  • レストランのみの利用OK

リッツカールトン沖縄の高級イタリアン『ちゅらぬうじ』

お次は特に女性に人気の高い『ちゅらぬうじ』(^^♪

リッツカールトン沖縄 レストラン ブログ

リゾートホテル内でコース料理の洋食と言えば
フレンチのイメージが強いですが、リッツカールトン沖縄はフレンチではなくイタリアンです☺

フレンチと比較すればイタリアンの方がカジュアルなイメージがあるかもしれませんが
リッツカールトン沖縄のイタリアンは高級イタリアンです(笑)

ちゅらぬうじも喜瀬と同じくディナー営業のみとなり
沖縄県産の食材をたっぷりと使った『琉球イタリアン』を楽しむことが出来ます(*^^*)

ちゅらぬうじのディナーコースは
一番リーズナブルなコースで
お一人様19.000円(税サ込)

この他に
21.000円
24.000円
27.000円のコースがあります☆

本格的なイタリアンでありながらも沖縄らしさも感じられる特別なイタリアンディナーはいかがでしょうか?(^^)

イタリアンレストラン ちゅらぬうじ

  • 営業時間
    ディナー 17:30~21:30
  • ドレスコード
    スマートカジュアル
  • レストランのみの利用OK

ちゅらぬうじの利用は6歳以上の年齢制限がありますのでご注意ください

ダイニング グスク☆リッツ沖縄でリーズナブルに食事したいならココ!

鉄板焼きに高級イタリアン。

高級続きでしたが、安心してください(笑)

高級志向のリッツカールトン沖縄ですが
お手頃価格で夕食を食べる事ができるレストランもちゃんとあります♪

料金もそうかもしれませんが、お腹の減り具合でコース料理はちょっと…という人や
自分の好きな物を選んで食べたいという人も多いと思いますので
やっぱりアラカルトメニューが豊富にあるレストランって有難いですよね(*^^*)

そんな時はオールデイダイニング グスクが強い味方(笑)

リッツカールトン沖縄 レストラン ブログ

がじ店長
がじ店長

ダイニング グスクはリッツ沖縄の朝食会場にもなっていて
ランチやディナーでも気軽に利用できるレストランです♪

グスクはアラカルトメニューがけっこう豊富!

沖縄料理あり、パスタあり、カレーやサンドイッチなど
本当に色々あります(^^♪

ランチでは

ゴーヤチャンプルー定食や沖縄そば定食
タコライス定食など(他にもいっぱいあります)の定食メニューが
1.800円~2.500円ほど。

パスタ類も2.300円~2.800円くらいです☺

ちょっと奮発して黒毛和牛のセットメニューとかになると
7.800円とかいっちゃいますが
基本的には一人3.000円くらいの予算で十分選ぶことが出来ると思いますよ♪

グスクのランチはボリュームもありますので男性の方でも安心です( *´艸`)

リッツカールトン沖縄 レストラン おすすめ ブログ

ディナーの時間になると
食事系のメニューだけではなく、お酒のお供にピッタリなアラカルトメニューが追加されます☆

沖縄と言えば定番の海ぶどう、ラフテー、グルクンのから揚げ、豆腐ようもありますし
ランチの時にあった沖縄そばやゴーヤチャンプルーも☺

お刺身やお寿司、うな重、かつ丼などもあるので
夕食としてはもちろんのこと、ちょっと良い居酒屋みたいな使い方も出来てとても便利です♪

リッツカールトン沖縄のグスクでは
火・木・土曜日限定で三線の生演奏を開催しています☆

18:30~、19:30~、20:30~
各時間30分の演奏です。

三線の心地の良い音色で更に食事が楽しめそうですね☺
三線演奏開催日は混みやすいので必ず予約する事をお勧めします!

おっと、朝食のことを忘れていました!

グスクでの朝食は通常であれば和洋+沖縄料理がかなり豊富に揃ったビュッフェスタイルなのですが
現在はコロナの影響でビュッフェは休止、セットメニューでの提供となります。

リッツカールトン沖縄 レストラン 朝食

グスクの朝食ビュッフェはかなり評判が良いだけに
仕方がないとはいえ残念ですね…(´;ω;`)

セットメニューに関しては
基本となるメインプレート+サイドメニューです☆

メインプレートは宿泊のタイミングによって異なるようですが
和洋を織り交ぜたもの、和食、洋食のどれかという感じで
サイドメニューは10種類くらい用意されており
サイドメニューに関しては、なんと好きなだけ注文できます(笑)

この他に、ドリンクやヨーグルト、シリアルなどはビュッフェコーナーが用意されております☆

リッツカールトン沖縄の朝食料金は5.000円と中々高額!

ですが、その値段でも評判はとても良いので
料金に見合った質の高い朝食という事ですね♪

オールデイダイニング グスク

  • 営業時間
    朝食   7:00~10:30
    ランチ  11:00~15:00
    ディナー 17:30~21:30
  • ドレスコード
    無し
  • レストランのみの利用OK

ロビーラウンジやライブラリーでもアフタヌーンティーや軽食が楽しめる♪

リッツカールトン沖縄 アフタヌーンティー

リッツカールトン沖縄はロビーラウンジでのアフタヌーンティーセットもオススメです♪

ロビーラウンジでのアフタヌーンティーセットは
13:00~18:00までの提供となります!

リッツカールトン沖縄のアフタヌーンティーセットはとても質が高くて評価もとても高いんですよ☺

料金は4.500円(税サ込)です☆

リッツカールトン沖縄 アフタヌーンティー

アフタヌーンティーセット以外にもケーキ等のスイーツ、サンドイッチやハンバーガーといった軽食も揃っていますし、ロビーラウンジは23:00までの営業となり
レストランよりも遅くまで空いているので
レストランが閉まってしまった後でも夕食や夜食として利用することが出来ます(^^♪

この他には、リッツカールトン沖縄の宿泊者限定利用となりますが
屋外プールに隣接しているライブラリーでもドリンクやフィンガーフードを用意していますので
プールサイドで優雅に過ごすのもオススメです♪

リッツカールトン沖縄に待望のクラブラウンジが!!

リッツカールトン沖縄 クラブラウンジ

いやー!これは凄いですよ!

個人的にはかなり朗報ですね~(^O^)

所謂『高級ホテル』と呼ばれるホテルには高確率で用意されているクラブラウンジですが
リッツカールトン沖縄には不思議な事にクラブラウンジが存在していなかったんですよね~。

がじ店長
がじ店長

天下のリッツなのにどうしてクラブラウンジが無いんだ…

まぁ、厳密に言うと全く無かったというわけではなく
今まではGWや夏季などの比較的ピーク時期に期間限定
クラブラウンジサービスを提供していたわけです。

僕は世間一般的な大型連休や夏休み期間中に旅行する事が難しいので
自分には関係ないやと、リッツでのクラブラウンジ体験はほとんど諦めていたのですが
2021年4月29日から常時オープンする事が決定!\(^O^)/

リッツカールトン沖縄にはクラブラウンジが無いという事は昔から知っていましたし
まさか常時オープンするなんて思っていなかったので全くチェックしていなかったのですが…

ある日僕が仕事をしていると奥さんが

奥:ねぇ、ちょっと話しかけてもいい?リッツ、クラブラウンジできるんだね~(・ω・)

僕:え?…あ~、夏季限定のやつでしょ?

奥:いや、4月29日から常にやる事になったみたいだよ?一休でプランも出てる。

僕:えええ~?!Σ(゚Д゚)マジで?!常に?!
  よし!リッツ予約だ予約!

と、奥さんの気の利いた発見により
いとも簡単にリッツカールトン沖縄に行く事が決定しました(笑)

がじ店長
がじ店長

やった~!!

とはいえ、仕事の都合などもあり
僕が利用するのはもう少し後なのですが(^_^;)

気になるリッツカールトン沖縄のクラブラウンジについては
まだオープンしていないので今わかっている中での情報となりますが

  • クラブラウンジの営業時間は7:00~22:00
  • 1日5回のフードプレゼンテーション
    朝食  7:00~10:30
    軽食  11:30~13:30
    アフタヌーンティー  14:30~16:30
    オードブル   17:30~19:30
    スイーツ&コーディアル  20:00~22:00
  • クラブラウンジでのチェックインチェックアウト

リッツカールトン沖縄 クラブラウンジ

1日5回のフードプレゼンテーションは有難い☺

しかもこのフードプレゼンテーションですが
クラブラウンジ内のテラスに設けられたシェフズライブステーションで日替わり料理も楽しめるという事なので期待値が上がりますね~!

手作りピザや黒毛和牛料理、シーフード料理などが日替わりで提供されるようです♪

へぇ~と思ったのは
リッツカールトン沖縄のクラブラウンジアクセスOKのプランというのは
全部屋対応という事☆

大体のホテルの場合は
クラブラウンジ料金を支払ってラウンジを利用するというわけではなく
クラブフロアやエグゼクティブフロアと呼ばれる特別フロアに宿泊すると
特典としてクラブラウンジが使えるよって感じです。

リッツカールトン沖縄の場合は、
全客室に対してクラブラウンジアクセス権が付いた
『ザ・クラブエクスペリエンス』という宿泊プランが用意されているので
たとえ一番安いお部屋だとしても、そのプランで予約すれば
クラブラウンジを利用する事が出来るというシステム☆

時期によって変わると思いますが
通常の料金よりも一人15.000円前後高くなるかな?というイメージでOKだと思います☆

クラブエクスペリエンスのヒント

詳しい人数はわかりませんが
クラブエクスペリエンスには上限があるようなので
お部屋に空きがあったとしても、クラブラウンジ利用の上限に達した時点で
このプランの予約はストップするみたいです!

混雑しそうな時期に利用を考えている場合は
早めの予約をお勧めします(^^♪

リッツカールトン沖縄のクラブラウンジについては
まだまだ謎がいっぱいですが、何はともあれ僕にとっては嬉しいニュースでしたので
今から楽しみですね~!

良くも悪くも、利用後はしっかりとレポートさせて頂きますので
お楽しみに(笑)

リッツカールトン沖縄のプール&ビーチ☆ワンランク上の送迎付き♪

では最後に、リッツカールトン沖縄のプールやビーチについてです♪

リッツカールトン沖縄 プール

リッツカールトン沖縄のプール

リッツカールトン沖縄のプールは屋外プールが1つと
屋内プールが1つの合計2つ☆

リッツカールトン沖縄のプールは屋外、屋内共に宿泊者専用となり
料金は無料です☺


屋外プール

リッツカールトン沖縄 プール

リッツカールトン沖縄は海から離れていますので
しっかりとオーシャンビューというわけにはいきませんが
遠くに名護湾を見下ろせるような景観で、これはこれで開放感があって良いですよ♪

リッツカールトン沖縄 屋外プール 子供

水深80センチの子供用のゾーンもありますので子連れの方も子供さんと一緒に水遊びできます☆

屋外プールの営業期間は毎年4月~10月
営業時間は8:00~日没までとなっております(^O^)

続いては屋内プールです♪

リッツカールトン沖縄 屋内プール

リッツカールトン沖縄の屋内プールは温水仕様となり
大きなデイベッドやジャグジーも完備しており、物足りない感じが全くありませんので
屋外プールがクローズしている時期だったとしても十分使えます☆

ただし、屋外プールと違い水深の浅い子供向けの部分はありませんので
小さな子供さんと一緒に利用したい場合はプールではなくジャグジーを使う事をお勧めします☺

屋内プールの営業期間は通年
営業時間は9:00~21:00です☆

リッツカールトン沖縄の屋内プールは子供さんでも使えますが
16歳未満の方だけでの利用は禁止となっていますので、その場合は必ず保護者が一緒にいる必要があります。

リッツカールトン沖縄の温浴施設「ヒートエクスペリエンス」

リッツカールトン沖縄にはヒートエクスペリエンスという温浴施設もあります♪

リッツカールトン沖縄 大浴場 サウナ

がじ店長
がじ店長

要するに大浴場みたいなもんですね(笑)

ヒートエクスペリエンスは、基本的にはトリートメントメニューを受けた方は無料で利用できるものですが、それ以外の場合は有料となります☆

コロナ禍の現在は、ホテルからのサービスで無料で開放している事もあるようですが
通常だと、確か1600円くらいじゃなかったっけな?
2.000円まではかからなかったはず…。

すいません、記憶が定かでないのですが
調べてみても料金が出てこなかったので、過去の薄い記憶で書いています(^▽^;)

浴槽だけではなくサウナや岩盤浴もあり、高級大浴場みたいな雰囲気ですので
トリートメントメニューを利用しなかったとしても使ってみると良いですよ☺

営業時間は9:00~21:00

ヒートエクスペリエンスは16歳以上限定となります☆

あとは、リッツカールトン沖縄の宿泊者限定で利用できる
フィットネスジムも完備♪

リッツカールトン沖縄 ブログ

リッツカールトン沖縄のフィットネスジムは広さこそそんなに広くはありませんが
マシンは最新の物を揃えてありますので快適にトレーニング出来ると思います☺

24時間開放されていますので自分の好きなタイミングで使えますが
フィットネスジムもヒートエクスペリエンスと同様に16歳以上限定となりますのでご注意ください☆

がじ店長
がじ店長

料金はもちろん無料です♪
ウェア類は持参しましょう☆

リッツカールトン沖縄でビーチに行くには?

せっかく沖縄に来たのであれば、やっぱり海で遊びたい!
という方もいるでしょう☺

リッツカールトン沖縄は海から少し離れているので、残念ながらホテルから出てすぐにビーチで遊ぶという事は難しいです(^_^;)

でも大丈夫!

リッツカールトン沖縄から車で5分くらいのところに
喜瀬ビーチパレスというリゾートホテルがあり、
ビーチで遊べる時期は喜瀬ビーチパレスのプライベートビーチを使うことが出来ます☆

リッツカールトン沖縄 喜瀬ビーチ 送迎

しかも、ただ使えるだけではなく
喜瀬ビーチパレスのプライベートビーチの一部を
リッツカールトン沖縄の宿泊者専用として貸し切っていますので
かなり優雅に使うことが出来ます(^^♪

こちらがリッツ専用ゾーン☆

リッツカールトン沖縄 喜瀬ビーチ 送迎

見てわかるように、パラソル完備、ビーチベッドも一般的な物よりも上質なものとなっており
ちょっと優越感を感じられます(笑)

更に、リッツカールトン沖縄専用ゾーンには
専用のブースがあり、冷たいお水やタオルの用意があったり
喜瀬ビーチまでの送迎も無料でお願いできたりと、まさに至れり尽くせりであります(笑)

がじ店長
がじ店長

夏休みなどの混雑時期は時刻表ありでシャトルバス送迎となりますが
海開きはしてるけど人は少ないという時期は個別で送迎してもらますよ♪

あ、そうそう!

直接ビーチと関係あるわけではないのですが
個人的にお勧めしたいのが「リッツニック」です♪

リッツカールトン沖縄 リッツニック 料金

リッツニックは、お出かけ時に持っていける豪華仕様のお弁当みたいなもんで
外でも食べられるように敷物なども全てまとめて可愛いバスケットに入れて用意してくれる
リッツカールトン沖縄の人気メニューです♪

お出かけの3時間前までにオーダーすればOK♪

リッツニックは2名~の利用となり
料金は一人4.600円(税サ込)です(^^♪

ドライブのお供にもおすすめですし、ビーチに持っていって優雅に過ごすのも良いですよね♪

リッツカールトン沖縄は海から離れてはいますが
その代わりサービスが凄いですし、有料とはなりますが
他では味わえない特別なサービスも用意してあるので満足度は高いです☺

リッツニック以上にビーチに関係ないネタなんですけど、どうしても書きたかったのでここで失礼します(笑)

リッツ沖縄に泊まった時にもしもお土産を買うなら、こちらのオシャレちんすこうがオススメです♪

テラスホテルズのちんすこうもかなりオススメですがリッツ限定のちんすこうも中々喜ばれます☺

【ザ・リッツカールトン沖縄】まとめブログ☆部屋やレストラン、クラブラウンジについて☆おわりに

はい!

ということで、今日は沖縄の高級ホテル
「ザ・リッツカールトン沖縄」について詳しくまとめてみました♪

個最初にも書きましたが、リッツカールトン沖縄は
国内のリッツの中では比較的お手頃で利用できるホテルです。

とはいえ、やはりホスピタリティーを重視しているリッツカールトンであることには変わりなく
その名前に見合ったサービスを提供してくれますので
とても満足度の高いホテルだと思いますよ(^^)

がじ店長
がじ店長

沖縄は人気のリゾート地ですから、次々と新しいリゾートホテルがオープンしていて料金もけっこう高めに設定されています。
しかしながらその価格に見合ったサービスが出来ていないホテルもたくさんあるのが現状です。

新しくてキレイなホテルも良いですが
リッツカールトンは安定のサービスという感じですので
機会があれば是非一度利用してみて下さいね♪

リッツカールトン沖縄は中々見どころがたくさんあるホテルですので
ついついたくさん書いてしまい、気づけば余裕で1万文字以上書いてしまっていました(笑)

最後まで読んで頂いた方もさぞかし疲れたでしょう(^_^;)

長々とお付き合い頂きありがとうございました(笑)

それでは今日はこの辺で!

沖縄【クラブフロア】があるホテル特集♪【一休】はポイントが先に使えるから安い!