【グランディスタイル沖縄読谷 ホテル&リゾート】まとめブログ☆

ホテル別まとめ

こんにちは☺

今日のブログでは【グランディスタイル沖縄読谷 ホテル&リゾート】について詳しくまとめてみたいと思います♪

がじ店長
がじ店長

この記事1ページを読むだけでグランディスタイル沖縄の全体がわかるように書いていきますので、今後沖縄旅行を予定している方は是非参考にして頂ければ嬉しいです☺

グランディスタイル沖縄読谷 ホテル&リゾートってどんなホテル?

グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾートは2019年7月にオープンしたばかりの
まだオープンから1年余りしか経っていない新しいホテルです☺

住所:沖縄県中頭郡読谷村字瀬名波571番1

グランディスタイル沖縄を初めて知った時

がじ店長
がじ店長

なんだこのオシャレなホテルは!
こんなホテル知らないぞ?!

第一印象ですごく気になるホテルだったんですよね~!

何このオシャレなエントランスロビー!って感じじゃないですか?(笑)

僕は沖縄のリゾートホテルならテラスホテルズ系列がお気に入りで
あのリゾート感たっぷりのエントランスが大好きなんですけど
グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾートの雰囲気はまた違った雰囲気でとても素敵です(・∀・)

リゾート感もあるんですけど、スタイリッシュなオシャレ感もあって
めちゃくちゃセンス良いなー!って思いました☺

グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾートは
恩納村にある『カフーリゾートフチャク コンド&ホテル』の系列ホテルで
カフーリゾートがファミリー向けだとすれば
グランディスタイル沖縄は大人向けというか、落ち着いて滞在したい人向けという感じです☆

余談ですが…
カフーリゾートフチャクは宿泊棟が3棟、合計客室数が333室という大型リゾートホテルで
海が近くロケーションが良い事に加え、全客室が広くてキレイ!

 


その割に料金がお手頃なので、沖縄本島では大人気のリゾートホテルです☆
コンドミニアム棟やホテル棟で分かれているので好みの旅行スタイルに合わせて利用できるのが嬉しいですね!

カフーリゾートが333室ある事に対して
グランディスタイル沖縄はたったの54室☆

ロケーションも海からはけっこう離れた場所ですので
まぁ静かな感じです^^;

海から離れているという事に関しては
残念と感じる人もいるかもしれませんが、その分静かに過ごすことが出来ますので
ゆったりとした大人旅をしたいと考えている人にとっては良いロケーションだと思います☺

がじ店長
がじ店長

海からは離れていますが
遠くに見えるという感じです☆

海から遠いという、このロケーションのせいもあるのかもしれませんが
グランディスタイル沖縄はとてもコスパが高いのでお勧めですよ♪

どんな所でコスパが高いのか?
まずはお部屋から見て行きましょう♪

グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾートのお部屋紹介☆

まずは気になるグランディスタイル沖縄のお部屋から見ていきましょう♪

エントランスロビーのオシャレさから期待が高まりますが
グランディスタイル沖縄はそんな期待を裏切らないとても素敵なお部屋ばかりです(^^)

がじ店長
がじ店長

グランディスタイル沖縄のお部屋はスタンダードなお部屋も含め
全室専有面積は50㎡以上!
しかもデイベッド付きのオシャレなテラス付きです!

グランディスタイル沖縄は全てのお部屋から海が見えますし(遠いですが)、ミニキッチン?もありますので連泊する場合にも便利ですよ♪

グランディスタイル沖縄のセミスイートツイン&デラックスセミスイート

まずは
セミスイートツインとデラックスセミスイートから☆

こちらはセミスートツイン

セミスイートツインはグランディスタイル沖縄の客室の中では1番お手頃なお部屋ですが
画像の通り、とても広々としていますしとてもオシャレですよね(^^)

セミスイートツインの専有面積は約50㎡
テラスの広さが約9㎡です☺

 

これが一番低価格なお部屋というのはかなり贅沢ですね!

バストイレはもちろん別☺
洗面所もとても素敵です(^^♪

本当に何から何までオシャレ(笑)

で、こちらがデラックスセミスイート

パッと見た感じだと、セミスイートツインとさほど変わらない感じに見えなくもないですね☺

デラックスセミスイートの広さは
専有面積が約53㎡
テラスの広さが10㎡
となっていますので、実際にもそれほど大きくは変わらないのかなと思います☆

ただ、テラスだけで考えると1㎡広くなっただけでもけっこうゆとりが出ますので
実際に利用してみると違いが体感できるのかな?という印象☆

ダブルルームは公式サイトにも載っていない人気のお部屋

ここでちょっと知らない人もいるお部屋情報を♪

グランディスタイル沖縄が公式ホームページで紹介している客室タイプは全部で4種類☆

スタンダードルームとして
既にご紹介したセミスイートツイン&デラックスセミスイートの2種類と

このスタンダードルームに加えて
この後に紹介させて頂きますが
プレミアムルームとして『プレミアムコーナースイート』と『プレミアムセントラルスイート』の2種類☆

この4種類なんですが、実はもう一つ
『ダブルルーム』というお部屋もあるんです☺

ダブルルームは位置づけとしてはスタンダードルームとなり
お部屋の広さは約50㎡
部屋の広さは一番スタンダードなセミツイートツインと同じかんじですが
テラスに関してはグランディスタイル沖縄の客室の中で一番広くなっているんです(^O^)

ソファーも他のお部屋にあるカウチソファーとは違った感じですね(^^)

そんなダブルルームですが、なぜかグランディスタイル沖縄の公式ホームページには載せていないお部屋なんですよ(^^)

どうしてなのかはわからないですが
ダブルルームは宿泊予約サイトで有名な『一休』からのみ予約する事が可能なレアなお部屋!

スタンダードルームではありますが
テラスも広く開放感抜群の人気が高いお部屋です(^^♪

【プレミアムルーム】コーナースイート&セントラルスイート

続いてはプレミアムルームを2つご紹介していきます♪

こちらはプレミアムコーナージュニアスイート

先程のスタンダードルームと比べると
もう少し広くなりまして
専有面積は約65㎡
テラスの広さが12㎡となっています☆

65㎡という広さはゆったりとした沖縄旅行を過ごすには十分な広さですね(^^♪

 

で、こちらが
プレミアムセントラルスイート

プレミアムセントラルスイートはグランディスタイル沖縄の客室の中で一番広いお部屋になります☺

先ほどのコーナースイートでも約65㎡と十分な広さではありましたが
こちらのセントラルスイートは
専有面積が約79㎡
テラスの面積は約14㎡と更にゆったりとした造りになっています(^^♪

グランディスタイル沖縄☆宿泊料金はいくら?

参考までにグランディスタイル沖縄の宿泊料金の目安をお部屋別に書いていこうと思います☆

がじ店長
がじ店長

ここでは、1室2名利用時の1名料金、
一泊朝食付きという条件で書いていきますね(^^)

☆セミスイートツイン
平日:一人17.000円~
土・祝日前:23.000円~

☆デラックスセミスイート
平日:18.000円~
土・祝日前:25.000円~

☆ダブルルーム(一休限定販売)
平日:一人17.000円~
土・祝日前:23.000円~

☆プレミアムコーナージュニアスイート
平日:21.000円~
土・祝日前:27.000円~

☆プレミアムセントラルスイート
平日:25.000円~
土・祝日前:30.000円~

ダブルルーム以外は1室4名まで利用可能ですので
その場合は上記料金よりもかなり安く泊まる事が出来ます☆

時期によって変動はありますが、早割を使えばかなりお得に利用できますので
グランディスタイル沖縄の内容を考えるとかなりコスパが高いホテルだと思いますよ☺

グランディスタイル沖縄のプレミアムルームとスタンダードルームを比較!違いって何?

最初に書いたスタンダードルーム(3パターン)とプレミアムルーム(2パターン)を比較した場合、
いくつか違いがありますよ☺

 

①プレミアムルームはプレミアムラウンジサービスとして3階にあるBAR ZANPAで
ティータイム&カクテルタイムを利用できる。

 

②客室冷蔵庫に用意してあるドリンクの種類が違う

 

③客室設備として【ドリップタイプ】のコーヒーメーカーの有無。

パッとわかるくらいの事だとこの3点かなと☆

これはグランディスタイル沖縄に限らず、大体のホテルでも同じような感じだと思いますが
やはり一番の違いはクラブラウンジアクセスに関しての事かなと思います。

とはいえ、グランディスタイル沖縄の場合は
驚くことにスタンダードルーム利用時でも同じようなサービスがあるようです( ゚Д゚)

がじ店長
がじ店長

クラブルーム(プレミアムルーム)とスタンダードルームを分けているホテルで
なおかつ専用ラウンジの設定のあるホテルで、スタンダードルームもラウンジサービスを利用できるというホテルはかなり珍しいですね!

ただ、全く同じというわけではなくて
プレミアムルーム宿泊者のラウンジサービスは
3階にあるZANPAというバーで
ティータイム(14:00〜16:00)
カクテルタイム(17:00〜19:00)の2回であり

スタンダードルーム宿泊者は
プールと繋がっているカフェラウンジ【CHILLAX】で
15:00~18:00の1回という感じです☆

がじ店長
がじ店長

以前はこのようなサービスは無かったはずなので、最近変わったのだと思います☆
僕もまだ利用していないので詳細は不明ですが、利用後にまた詳しくレポートしようと思います☺

余談ですが、グランディスタイル沖縄はまだオープンから1年ちょっとという新しいホテルではありますが
オープン時と比較するとちょこちょこ変更されていることがあるんですよね☆

 

当初は客室の名称も違いましたし、宿泊時に年齢制限があって子供は泊まれないホテルでした。
先程書いたスタンダードルームでもフリーフローOKというサービスも比較的最近加わったものだと思います☆

 

細かいことを言えば、WEB予約も当初は予約サイト経由だけではなく自社ホームページから可能だったのですが、現在は自社ホームページから予約フォームに進もうとすると楽天トラベルに飛んでしまう感じですので、きっと公式ホームページ専用の宿泊プランなどは無いのだと思います☆

新しいホテルですので変更点が多いのかな?と思いますが
このようにちょこちょこした変更点があるので、現段階でわかることを書かせてもらっております☺

ちなみに②の冷蔵庫内のドリンクについては
フリードリンク分の事です☺
有料の物もありますが、有料の物は料金の書かれた札がかけられていますので間違わないように注意しましょう(笑)

☆グランディスタイル沖縄の客室設備やアメニティ一覧も載せておきますね☺

アメニティに関してはスタンダードルームもプレミアムルームも同じです☆

設備はこんな感じ☆

先程書いたように、プレミアムルームには専用コーヒーメーカーがあるくらいで
コーヒーメーカー以外に関しては全て同じです(^O^)

グランディスタイル沖縄のレストラン(朝食・夕食)

では続いてグランディスタイル沖縄のレストラン&カフェについて見てみましょう(^^♪

グランディスタイル沖縄で飲食が出来るお店は

・CAFE LOUNGE 「CHILLAX(チルラックス)

・BAR & RESTAURANT 「TASTE(テイスト)

・BAR「ZANPA(ザンパ)

この3つとなります☺

それぞれがどんなお店なのか順番にご紹介していきます☆

①CAFE LOUNGE 「CHILLAX(チルラックス)」

チルラックスはグランディスタイル沖縄に泊まった際の朝食会場となります(^^♪

と言っても、チルラックスは1日を通して営業していますので
朝食の他にも午後はカフェとして、夜はバーとしても利用できますよ☺

場所的にプールと繋がっている為、ロケーションも良いですし
夜はナイトプールバーとして使えるので雰囲気が良さそうですよね(^^♪

で、旅行時に重要な朝食ですが
グランディスタイル沖縄の朝食はちょっと変わったスタイルで提供されます(^^)

何が変わってるのか?

がじ店長
がじ店長

グランディスタイル沖縄の朝食は
どこで食べてもOK!

というのは、朝食会場はチルラックスですが
その場で食べても良いし、テイクアウト用のボックスに入れてもらって部屋で食べたり
プールサイドで食べてもOKなんです(^^)

他のホテルに宿泊している時とか
朝食会場が混雑してるとか、なんか落ち着かないな…と感じる事ってあったりしませんか?
あとは、天気が良いからテラスで食べたいけどテラス席に空きが無いなんてこともあったりしますよね(^^;

そんな時に
好きな場所で食べてもいいよ!

ってスタイルはとても良いなぁと思います(*^▽^*)

そのままチルラックスで食べる場合はこんな感じで提供されますし

他の場所で食べたい時には
こんな感じでテイクアウト用で持たせてくれますよ♪

がじ店長
がじ店長

朝から手が込んでいますし、とてもオシャレで
こんな朝食だと朝から元気になっちゃいますね!

グランディスタイル沖縄の朝食メニューはこちら★

A:エッグベネディクト
トリュフクリーム添え

B:モンテクリスト
ベイクドハム×ゴーダチーズのトーストサンドウィッチ

C:タルティーヌ
クロワッサンオープンサンドのサーフ(海鮮)&ターフ(お肉)

D:沖縄弁当
沖縄の郷土料理や食材で作った和風のお弁当

上記の4種類からメインを選んで
サラダやスープはセルフで好きなだけどうぞ♪というスタイルです☺

がじ店長
がじ店長

グランディスタイル沖縄の朝食はブランチでもOK
7時~14時まではこのメニューを頂けますので
朝はゆっくりしたいという人にもありがたいですよね(^O^)

チルラックスではブランチメニュー以外にも有料メニューもありますので
通常のカフェタイムやラウンジタイムを楽しむ事も出来ますし
スタンダードルーム宿泊者のフリーフローサービスも
このチルラックスが会場となります(^^)

BAR & RESTAURANT 「TASTE(テイスト)」

テイストはグランディスタイル沖縄のメインレストランですが
営業はディナータイムのみとなっています(^^)

営業時間は18:00~22:00です☺

グランディスタイル沖縄は、元々16歳以上限定の大人用ホテルだったという事もあるせいか
店内の照明はかなり落としてあり雰囲気はとても良さそうですね☆

で、ディナーメニューですが
テイストのスタイルはこれまたちょっと変わっていて
プリフィックスタイプなんです☺

プリフィックススタイルのコースメニューをやっているレストランはもちろん他にもありますが
大体は『コース』だと思います。

グランディスタイル沖縄の場合、コースではないので料理ジャンル関係なし、あくまでも品数によって料金が変わるだけという単純明快でありながらも自由度の高いディナーを楽しむことが出来ます(*^▽^*)

レストランにおけるプリフィックスの意味とは?

 

簡単に説明すると好きなものを選べるスタイルです☆
プリフィックスコースの場合は、例えば前菜は前菜というジャンルの中から好きなものを、メインはメインのジャンルから好きなものを、デザートはデザートの中から…という感じで各ジャンルから自分の好みの料理を選んで自分好みのディナーコースを作ることが出来ます☺

 

通常のコース料理と比較すれば自由度が高いのですが、それでも例えばデザートは必要ないという人や、同じジャンルの中で食べたいものが2つあるという場合には中々対応が難しい場合もありますよね。

 

グランディスタイル沖縄のテイストでは、ジャンル関係無し、関係あるのはあくまでも品数のみですので、大げさな話し、全てデザートを選択しようが、全てメインを選択しようが料金は変わらないという事です☺

テイストのディナーメニューは以下の通りです☺

 

3皿、4皿、5皿によって料金が変わりだけです☺

一般的なコース料理のように一人1コース注文するような必要もありませんので
お腹のすき具合によっては2人で3皿コースでも良い場合もあったりして
そんな時にはとても助かりますね♪

がじ店長
がじ店長

たまたまたランチが遅い時間だったり
夕食前にラウンジで食べてしまったりすると夕食の時に困るので
こういうスタイルはとても助かります☺

BAR「ZANPA(ザンパ)」

BAR「ZANPA」はしっとりとした大人の雰囲気が漂う本格的なバーです☺

今までにご紹介したチルラックスやテイストでも美味しいお酒を楽しむことが出来ますが
ザンパはたった8席しか無いプレミアムな空間ですので、また違った楽しみ方が出来るのではないでしょうか?

ボトルメニューや通常のドリンクメニューもかなり豊富に揃っていますので
ゆっくりと大人の時間を楽しみたい方にはとても良い場所ですね(^^)

グランディスタイル沖縄のプレミアムルーム宿泊者用の
ラウンジサービス(ティータイム&カクテルタイム)の会場も
BAR「ZANPA」です☆

現在はコロナウィルスの影響で、通常のバー営業は休業中となり
プレミアムルームのラウンジサービス専用となっています☆

 

グランディスタイル沖縄のプール

お次はリゾートホテルには欠かせない屋外プールについて(^^♪

エントランスに客室やレストランまで
リゾート感を出しながらもとてもスタイリッシュでオシャレなグランディスタイル沖縄ですが
プールはどのような感じでしょうか?☺

こちらがグランディスタイル沖縄の屋外プールです☆

営業時間が7:00~23:00という事で
画像の通り昼と夜の二つの顔を持つ素敵なプールです☺

こじんまりとしたプールではありますが、カバナやジャグジーもありますし
チルラックスでドリンクやフードを注文することもできますので
1日中のんびりと時間を過ごすこともできますよ(^^♪

所々に小さめのテーブルを設置してありますので
水に入りながら美味しいお酒を楽しむことも可能です(^^)

グランディスタイル沖縄のプールは温水プールです!!
これはかなり嬉しいポイントですね(^^♪
いくら沖縄といえども冬~春にかけてという時期に旅行する場合は、さすがに真水に入るのは厳しいです(^^;

でもせっかくのリゾート地ですから海とは言わなくても、プールで遊んだり
プールサイドでまったりしたいなぁ~と思う人も多いはず!
グランディスタイル沖縄のプールは温水の為、一年を通して利用することが出来ますよ♪

がじ店長
がじ店長

多くのホテルでは、屋外プールが使える期間は4月~10月くらいが多いです。
これ以外の時期はプールに入ることはもちろん、プールバーも営業していませんのでプールサイドでのんびりカクテルを…なんてことも難しいことが多いです( ;∀;)
その点グランディスタイル沖縄は一年中リゾート気分を満喫できます♪

こじんまりとしていながらも雰囲気が良くて、しかも温水!
ジャグジーやカバナまであるし、飲食も出来ちゃうなんて至れり尽くせりですね~!

旅費が比較的お手頃な冬に旅行するとしても
グランディスタイル沖縄ならしっかり楽しむことが出来そうです(^^)

グランディスタイル沖縄のプール利用に関してのちょっとした注意☆

注意事項というかアドバイスを一つ(^^)
プールサイドにあるカバナですが、プールの規模に合わせて数が少ないです。
(確か4つくらいだったかな?)

 

他ホテルではカバナは有料だったりもするのですが、グランディスタイル沖縄は無料で利用できます☆
無料な事はありがたいのですが、特に利用時間も決まっていないので一度タオルや荷物を置いてしまえば、そこのカバナは貸し切り状態になります(^^;

 

たとえ使っていなくても(出かけていたりでその場にいないなど)、スタッフさんが勝手に荷物をどけたりして開放することはありませんので、タイミングによっては中々使えないという事も…。

要するに早い者勝ちですので、絶対にカバナを使いたい時は朝一で場所取りした方が良いかと思います☆

中には独り占めしたり、使っていないのに場所を取ったままにしているとか
非常識な方もいるようですが、やはり他にも使いたい人がいるかもしれませんので
周りの事も考えながら利用したいですよね☺

せっかくの素敵なプールですから、みんなが楽しく過ごせるように利用しましょう♪

【グランディスタイル沖縄読谷 ホテル&リゾート】まとめブログ☆おわりに

ということで、今日は【グランディスタイル沖縄】
お部屋、料金、レストラン、プールなど色々とまとめてみましたが
ブログを書きながらも改めて良いホテルだな~と思ってしまいました(笑)

グランディスタイル沖縄くらいのレベルのホテルであれば
もっと料金が高くても納得できると思いますので、個人的にはかなりコスパが高いなと思います(^^)

元々、同系列のカフーリゾートに関してもコスパ高いな~とは思っていたのですが
グランディスタイル沖縄も負けていないですね!

新しさやオシャレさはもちろんですが、レストランに関しても工夫がされていますし
個人的にはスタッフさんの対応もとても良かったと思います☆

というのも、先日すでに予約済みの内容に関してちょっと不明点があって
グランディスタイル沖縄に直接電話で問い合わせをしたんですけど
とても対応が良かったです(^^♪

実際、ホテル側でどうにかするのはちょっと難しいかな~という内容だったのですが
折り返しお電話を頂いたときに、こちらが困らないようにとしっかり対応して頂けました☆

がじ店長
がじ店長

とても気の利く素敵なスタッフさんでした!

こちらから細かいことを言わなくても、先回りして対応してくれるという感じで
とてもスムーズに話しを進めることが出来ましたのでとても助かりましたね(^^)

これは安心して利用できそうです!

グランディスタイル沖縄に宿泊するのはもう少し先ですが
利用したら宿泊記としてまたブログで書いていこうと思います(^^♪

それでは今日はこの辺で!