【ブセナテラス】と【テラスクラブアットブセナ】の違いを比較☆どっちに泊まる?

ホテルレビュー(宿泊記)

こんにちは(^^)

沖縄旅行の際に人気が高い大人気リゾートホテル【ザ・ブセナテラス】
一度は泊まってみたいなぁ~!なんて思っている人も多いのではないでしょうか?

そんなブセナテラスのお隣にある【テラスクラブアットブセナ】もとても素敵なホテルですよね☺

沖縄旅行を計画している人の中には
この2つのホテルの違いがよくわからないという人が意外と多いので
今日のブログではこの2つのリゾートホテルをわかりやすく比較してみたいともいます!

自分にはどちらのホテルが良いのかな?と疑問を持っている方のお役に立てると思いますので
是非最後までお読み頂いて満足度の高い沖縄旅行にして下さいね(^^)

たぶんそこそこ長くなってしまうと思いますが
できるだけ分かりやすく解説していこうと思っておりますので最後まで目を通してもらえたら嬉しいです♪

【ブセナテラス】と【テラスクラブアットブセナ】概要

沖縄の大型リゾートホテルとして大人気のブセナテラスですが
実は同じブセナリゾート内(部瀬名岬)にブセナテラスと同じグループホテルでもある
【ザ・テラスクラブ アットブセナ】があります(^^)

もちろん知っている人は知っているのでしょうが
ブセナテラスと比較すれば目立たないホテルですので
よく知らないという人もいるのではないでしょうか?

ブセナテラスとテラスクラブアットブセナについては
それぞれ別のブログで宿泊記を書いていますので、こちらの記事も参考にしてみて下さい(^^)

ザ・ブセナテラス宿泊記☆朝食編(レストラン&ルームサービス)

 

沖縄の大人向けリゾートホテル♪テラスクラブアットブセナ宿泊記【客室編】

ブセナテラス、テラスクラブアットブセナ共に沖縄本島の名護市にあるのですが
那覇空港から車で約90分の位置にあります(^^)

上の画像の右側は部瀬名岬の拡大図ですが
ブセナテラスよりも下にテラスクラブアットブセナがあるのがおわかりでしょうか?

同じ敷地内に同じ系列のホテルですから違いが気になりますよね!
ではさっそく2つのホテルを比較していきましょう☺

ブセナテラスとテラスクラブアットブセナの違い【コンセプト】

上の画像でも見てわかる通り
ブセナテラスとテラスクラブアットブセナでは
ホテルの規模が全っ然違います☆

客室数でいうと
ブセナテラスが410部屋(コテージ含む)に対し
アットブセナは68室しかありません☺

ブセナテラスは一般的に思い浮かべる【大型高級リゾートホテル】という印象のホテル
大型ホテルらしく、スタンダードルームからスイートルーム、コテージなど客室の種類も多く、レストランやショップも豊富です(^^)

宿泊客以外でもブセナテラス内のショップやレストランを利用することが出来ますので
ブセナ海中公園を観光する際にもよく利用されていますね(^^♪

高級リゾートホテルというイメージを保ちながらも
誰でも気軽に利用できる雰囲気というのがブセナテラスだと思います☺

とても利用しやすい雰囲気のブセナテラスではありますが
・大型ホテルでありながらも【団体客】を受け入れない(※)
・レストランのみの利用など、宿泊しない人に対しても基本的にバレーサービスで対応
など、【高級リゾート】というイメージをしっかりと守っているのが凄いと思います☺

(※)ブセナテラスでは、信頼のおける日本国内の企業などの場合はまれに団体を入れる事もあるそうですが、修学旅行や海外からの団体客は一切受け入れをしていません(^^)

そんなブセナテラスに対し、テラスクラブアットブセナは
大人向けの小規模な高級リゾートホテルです☺

個人的な勝手なイメージですが
ブセナテラスが『まぶしい太陽と青い海』なら
テラスクラブアットブセナは『オレンジサンセット』という感じでしょうか(笑)

テラスクラブアットブセナの宿泊は12歳以上限定という利用条件があり
レストランやショップを含め、ホテル敷地内の利用は宿泊者限定となっています☺

ホテルの立地で考えても、同じブセナリゾート内とはいえ
ブセナテラスはビーチが近く賑やかな雰囲気ですが
テラスクラブアットブセナはビーチからは少し奥まっていて
とにかく静かです(^^)

がじ店長
がじ店長

だからと言って海が見えないという事は全くありません☺
この後、お部屋比較で部屋からの眺望も紹介します♪

テラスクラブアットブセナは、ホテルの立地、食事の内容を含み
全ての雰囲気が『落ち着いて滞在したい』という人に向けられたホテルですね(^^)

小規模だからこその行き届いたサービスというものが受ける事が出来ますよ♪

ブセナテラスは客層が様々ですので、スイートやコテージ、クラブフロアといった上級サービスのあるお部屋とスタンダードなお部屋によってサービス内容が変わってきますが
テラスクラブアットブセナは基本的に『全ての客室がクラブフロア』みたいなコンセプトなので
ブセナテラスのように客室によって受けられるサービスが変わる事はありません☆

ブセナテラスとテラスクラブアットブセナ【部屋】を比較!

ブセナテラスとテラスクラブアットブセナはコンセプトが全く違うとお話ししましたが
それはお部屋や食事、ラウンジなど様々なところで見てわかりますので
まずはお部屋を比較してみましょう♪

ブセナテラスのお部屋

まずはブセナテラスからですが
ブセナテラスは初めに少し書きました通り、大型リゾートホテルらしく客室タイプも色々です!

スタンダードなツインの客室から、スイートはもちろんのこと
メゾネットルームやコネクティングルームの設定もありますので
様々な旅行シーンに対応可能です☺

ここでは一般的に利用する事が多いスタンダードな客室を例に挙げてみますが
ブセナテラスでは『デラックスナチュラル』というタイプのお部屋が一番お手頃な客室になります☆

デラックスナチュラルにはガーデンビューとオーシャンビューがありますが
眺望以外に違いはありません☺

デラックスナチュラルオーシャンビューはこんな感じ☆

ブセナテラスのデラックスナチュラルはオーシャンビューでもガーデンビューでも
ビューバスとなっています☺

一番お手頃なお部屋とは言っても
36㎡ありますので、比較的ゆったりしたツインですし
とても爽やかなお部屋ですよ☺

がじ店長
がじ店長

ちなみにテラスホテルズグループのアメニティはどのホテルもタルゴジャポンのもので、とても良い香りです(^O^)

テラスクラブアットブセナの部屋

続いて、テラスクラブアットブセナのお部屋ですが
テラスクラブアットブセナの場合は客室の種類としては眺望の違いのみ
部屋の作り自体は変わりません☺

まずはお部屋全体の雰囲気ですが、こんな感じで
ブセナテラスのデラックスナチュラルと比較すれば間違いなく豪華な作りになっています☆

パッと見たかんじで『けっこう広い』という事がわかると思いますが

テラスクラブアットブセナのお部屋は54㎡ですので
本当にけっこうな広さで、優雅な気分に浸ることが出来ます(^^)

先程も言った通り、テラスクラブアットブセナは部屋の作りは全て同じですので
安かろうが高かろうがこの部屋です(笑)

テラスクラブアットブセナはビーチから少し奥まっていると書きましたが
決して海が見えないという事ではありません☺

ブセナビーチ側を向いている『クラブデラックスサンセット』の場合は
海が少し遠いですが、ブセナテラスを含め赤瓦がキレイに見える素敵な眺めですし

サンセットの反対側を向いている『クラブデラックスオーシャン』の場合は名護湾をすぐ近くに感じられる
これまた絶好のロケーション!

オーシャンに関しては海が近いですが、遊泳OKのビーチではないので
ブセナビーチのような賑やかさが無くて、とても静かに時間を過ごすことが出来ます(^^)

このように
プールやビーチで遊んだり観光したりと、部屋にいる時間が比較的少ないであろう客層が多いブセナテラスに対して、客室やラウンジ、プールなど基本的にホテル敷地内でゆっくりと過ごす客層が多いテラスクラブアットブセナではお部屋の作りにも大きな違いがあります☺

ブセナテラスとテラスクラブアットブセナ【プール】の違いは?

では次の比較に進みましょう!
リゾートホテルと言えばやはりプールも重要ですよね(^O^)

特に、せっかく暖かい沖縄に行くのですから
何が何でも水着を使いたい!と思う人も多いのではないでしょうか?

ということで
まずはブセナテラスのプールから!

ブセナテラスの屋外プールを上から見るとこのような感じでそれなりに広くて、少しわかりにくいかもしれませんが二段になっています☆

段差があるので、上段のプールから下段のプールまでのちょっとしたスライダーもあり♪スライダーはそんな傾斜がないので小さな子供さんでも問題ないレベル☺
もちろん大人も楽しめます(笑)

ブセナテラスは屋内プールもありますが、通常の深さのプールとは別に
子供用の浅いプールもありますのでファミリー客にも安心な作りです(^^♪

ブセナテラスの屋外プールは4月1日~11月30の営業です☆
注意点としては、ブセナテラスの屋外プールは温水仕様ではありませんので
気温が低めの時期であれば屋内の温水プールを使った方が良いかもしれません☺

対して、テラスクラブアットブセナは『健康志向な大人向けホテル』というだけあって
このプールが凄い!

テラスクラブアットブセナ一押しと言っても過言ではない
タラソプール!

これは是非とも使って頂きたい!
個人的にもかなりオススメなプールですが、ご覧の通り変な形をした屋外プールです(^_^)

タラソプールはですね
巨大ジャグジーだと考えて下さい(笑)

プール内のコースを進みながら、強めのジェットで血行促進できる健康的なプールなんですが
タラソプールは温水仕様ですのでオールシーズン利用可能なんです☺

真冬に行っても問題なく使える所は嬉しいですね!

もちろん通常の屋外プールもありますが
そちらは常温仕様で4月~10月の営業となります☆

タラソプールの詳細については

テラスクラブアットブセナのオススメ!タラソプールがめちゃくちゃ良い!をご覧ください☺

リゾートホテルの重要ポイントでもある『プール』に関しても
コンセプトに大きな違いがありますよね☆

ブセナテラスは小さな子供さんから大人まで楽しめるプール、
テラスクラブアットブセナは健康的に休日を過ごしたいという大人に向けたプール
という感じでしょうか(^O^)

このタラソプールは健康的な事はもちろんなのですが
普通に面白いし気持ちが良いのでついつい長居してしまうんですよね(笑)

タラソプールはそこそこ時間が必要になると思いますので
そこを考えても、やはり観光メインよりもホテル内で時間を過ごしたいという人向きだと思います☆

ブセナテラスとテラスクラブアットブセナ【朝食】を比較☆

次は旅行の楽しみと言っても良い『朝食』を比較してみましょう♪

ブセナテラスの朝食

ブセナテラスの朝食は基本的には
『ラティーダ』でビュッフェスタイル
『真南風』で和定食
このどちらかとなりますが
時期によっては『ファヌアン』で洋食のセットメニューもOKの場合がありますので
基本的には2か所、最大で3ヵ所のレストランから選択する事が出来ます☺

どこのホテルも同じでしょうが、やはりホテルの朝食と言えばビュッフェが圧倒的に
人気がありますのでビュッフェで例えますが
ブセナテラスの朝食ビュッフェは和洋ビュッフェで、品数も豊富、卵料理をはじめ
パンケーキやフレンチトーストも目の前で焼き上げてくれますので満足度は高いと思います(^^♪

しかもラティーダはロケーションも抜群♪

この写真はあまり種類が無いように見えるかもしれませんが
実際はけっこう豊富にありますのでご安心を(笑)

どちらかというと洋食よりなメニューが多いですが
和食もありますし、本当に色々なメニューがありますので
子供さんから大人まで困る事はないかなという印象ですね☺

ラティーダの朝食ビュッフェ自体は満足度が高いと思うのですが
1つだけ言うなら、大型ホテルの宿泊客が高い割合で来店するので
待ち時間が長くなる事が多いです。

あと、これは良くも悪くも取れますが
ファミリー客が多い為かなり賑やかです(^_^;)

ご自分が子供さん連れであれば、周りも子連れが多いので安心できるかと思いますし
逆であれば賑やかすぎると感じてしまうかもしれませんので^^;

総じて、ブセナテラスの朝食ビュッフェは
そのまんまですが『大型リゾートホテルの豪華な朝食』という感じです☺

一応ファヌアンで朝食を頂いた時の写真を載せるとこんな感じのセットメニューです☆僕はエッグベネディクトをオーダーしましたが、もちろん通常の卵料理も選べます☺
ファヌアンや真南風はラティーダに比べるとかなり人が少ないので
落ちついて食事たい場合はおすすめですね☆

テラスクラブアットブセナの朝食

続いて、テラスクラブアットブセナの朝食ですが
この朝食に関してはテラスクラブアットブセナに有利な特徴がありますよ♪

テラスクラブアットブセナは小規模ホテルの為
レストランは『ファインダイニング』1つしかありません☆

朝食はファインダイニングでのセミビュッフェスタイルのみとなります☺

テラスクラブアットブセナは『健康と美容』をコンセプトにしている為
朝食のメニューも比較的ヘルシーな傾向がありますね(^^)

メイン料理をはじめビュッフェメニューも女性ウケしそうなラインナップだなという印象です☆

この豆腐ステーキも、いかにも健康そうな朝食じゃないですか?(笑)

で、お味の方ですが
これがまたウマいんですよ(゚д゚)!

セミビュッフェですので、メイン以外はビュッフェとなりますが
なんていうか、単にサラダ(野菜)といっても
ちょっとグレードが高そうな感じの物も用意してあったりするので『さすが』と思う事も多いです☺

テラスクラブアットブセナは、料理の質は高いと思いますがブセナテラスの朝食ビュッフェと比較した場合
メニューの種類に関してはどうやってもブセナテラスに軍配が上がります☆

あとは好みでしょうが、ヘルシー志向なメニューが多いので
もうちょっとしっかりした物が食べたいなと感じてしまう人もいるかもしれませんね(^_^;)

はい!
ここでテラスクラブアットブセナの良いところ!

テラスクラブアットブセナの宿泊者は
ブセナテラスでも朝食を頂く事が出来ます!

これはかなりのメリットですよ!

がじ店長
がじ店長

もちろん逆は無理です!
ブセナテラス宿泊者は、例えスイートだろうがコテージに泊まっていようが

テラスクラブアットブセナで食事する事は出来ません☆

テラスクラブアットブセナ宿泊者は、ブセナテラスでも食事が出来ますが
どちらかを選ばなければいけないという事ではないので両方で食べる事も可能です♪

僕が利用した時もテラスクラブとブセナテラスの両方を使わせて頂きました☺

テラスクラブアットブセナの朝食をまとめてみると…

・ゆったりと優雅に朝食を頂く事が出来る。
・メイン・ビュッフェ共に上質で健康的なメニューが多い。
・基本洋食メインのメニューである事とヘルシー志向なメニューになるので
和食派な人やボリュームを求める人の場合はブセナテラスまで移動する必要がある

僕は個人的にはテラスクラブアットブセナでの朝食はけっこう好きですが
ブセナテラスの朝食も大好きなので両方使えるというのは本当にラッキーだと思います(笑)

こんな感じで、ブセナテラスとテラスクラブアットブセナは朝食に関してもかなり雰囲気が違います☆

がじ店長
がじ店長

子供さんの声があるかないかだけでも雰囲気が全く違ってきますよね☺
賑やかで楽しい雰囲気が好きな人であれば子供さんの笑い声なんかがあった方が楽しい気分になれるでしょうし、逆に静かな方が好きであればテラスクラブの雰囲気が好みでしょう☆

ブセナテラスとテラスクラブアットブセナ【料金】を比較!

ホテル全体のコンセプトの違い、お部屋、プール、朝食を比較してきましたが
何となく2つのホテルの違いは分かって頂けましたか?

最後に、ブセナテラスとテラスクラブアットブセナの宿泊料金の違いを比較していきたいと思います☆

ここまで読んでいただいて
たぶんテラスクラブアットブセナの方が高いのではないかと思う方が多いと思うのですが
いかがでしょうか?(^^)

正解は…
テラスクラブアットブセナの方が高いです(^O^)

予想通りですね(笑)

ただ、これはあくまでも『ブセナテラスの部屋による』という事が大前提!

今日のブログで比較のために紹介したブセナテラスの
デラックスナチュラルのという客室と比較すればテラスクラブアットブセナの方が高いということです☺

先程ちらっと書きましたが
テラスクラブアットブセナは
『全客室がクラブフロア扱い』というだけあって
テラスクラブアットブセナにを利用する時点で
ブセナテラスでいうクラブフロア以上の部屋を利用している事と同じような感じなんですね(^^)

そう考えると宿泊料金は決して高くはないと思います☆

以上を踏まえてブセナテラスとテラスクラブアットブセナの料金を比較してみたいと思いますが
時期によって料金に違いがありますので、ここでは比較的お手頃で行けるオフシーズンの場合で比較していきます☆

ブセナテラスのデラックスナチュラルの場合は
一泊朝食付きで一人16.000円~20.000円程度☆
早割りや連泊割などを利用すれば
13.000円~15.000円くらいまで下がると思います☺
テラスクラブアットブセナ
3種類ある客室のうち、真ん中の価格帯である『クラブデラックスサンセット』の場合
一泊朝食付きで一人25.000円~28.000円程度
こちらも同じく早割り等を利用すれば
20.000円~25.000円くらいまで下がります☺

このように比較すれば7.000円~10.000円くらいの差がありますので
テラスクラブアットブセナの方がかなり高額ということがわかります☆

ちなみに、同じブセナテラスでもクラブフロア(デラックスエレガント)を見てみると
同じオフシーズンで25.000円~27.000円くらいなのでテラスクラブアットブセナとさほど変わりません☆

ブセナテラスのクラブフロアとテラスクラブアットブセナを比較するとすれば
一長一短で、個人的には『質』を取るならテラスクラブ
『リゾートな雰囲気』を取るならブセナテラスでしょうか☺

お部屋だけで考えるならブセナテラスのクラブルームよりも
テラスクラブの方が圧倒的にレベルが高いです。
クラブラウンジで比較するならば、ブセナテラスのクラブラウンジの方がかなり種類が豊富です(^^♪

オフシーズンでの料金を再度まとめると

ブセナテラス(デラックスナチュラル)
13.000~20.000円

テラスクラブ(クラブデラックスサンセット)
20.000~28.000円

ブセナテラス(クラブフロア)
25.000~27.000円

こんな感じですのでご参考までに(^O^)

【ブセナテラス】と【テラスクラブアットブセナ】の違いを比較☆どっちに泊まる?おわりに

はい、ということで
今日のブログでは沖縄旅行で人気がある『ザ・ブセナテラス』と
その隣にある『ザ・テラスクラブアットブセナ』の違いについて色々と比較してみましたが
同じ敷地・同じ系列のホテルでもかなり違うという事がわかって頂けたと思います(^^)

で、ブセナテラスとテラスクラブ、どちらに泊まった方が良いのか?
という事に関して答えるのであれば

人による。

たぶんこの答えが一番だと思います(笑)

今回のブログで2つのホテルを比較してみてわかって頂けたと思いますが
ブセナテラスとテラスクラブアットブセナは
『高級リゾートホテル』だという事以外は、コンセプトが正反対だと思うので
どちらのホテルが自分に合っているかを考えた時には
すごくわかりやすいんじゃないかなと思います(^^)

簡単に分けると
アクティブに楽しく過ごしたいならブセナテラス
優雅な大人旅をしたいならテラスクラブアットブセナ

こんな感じで良いかなと☺

ちなみに僕個人の意見として言うならテラスクラブアットブセナに一票ですね☆

しかしながらホテル全体の雰囲気はブセナテラスの圧勝なんです(笑)
やっぱりブセナテラスのあの雰囲気は本当に素敵だし、ショップもたくさんあって面白い!
ただし、お部屋やタラソプール、落ち着いて過ごせるという事を考えるとやっぱりテラスクラブに軍配が上がります☺

で、最終的に考えたのが『テラスクラブアットブセナに泊まりつつブセナテラスで遊ぶ』
これが一番丁度良いと気づきました(笑)


テラスクラアットブセナ宿泊者は朝食だけではなく、プールや大浴場なども含め

ブセナテラスの施設を無料で利用することが出来ます☺

どの様な雰囲気が好きなのか?
誰と利用するのか?
どんなシーンでの利用なのか?

これらによっても利用するべきホテルは変わってくると思いますが
極論を言えば
ブセナテラスとテラスクラブアットブセナであれば
どちらに泊まっても『失敗した~!』とはならないと思います(^^♪

場所的にお隣ですので
都合が合えば両方とも利用してご自分で比較してみるのも面白いですね☆

両方とも本当に素敵なホテルですので
きっと素敵な沖縄旅行にしてくれると思います!
是非利用してみて下さいね☺

それでは今日はこの辺で(/・ω・)/