おすすめ・人気記事
宿泊記&まとめ

ひらまつ沖縄宿泊記ブログ☆お部屋編(プレミアムツイン)

ひらまつ沖縄 部屋 ブログ

こんにちは☺

今日のブログは沖縄北部、宜野座にある
【THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座 沖縄】の宿泊記ブログとして
お部屋について詳しくレポートしていきたいと思います♪

がじ店長
がじ店長

【THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座 沖縄】って
ちょっと長いので『ひらまつ沖縄』と書かせて頂きます(笑)

今回僕たちはひらまつ沖縄に2泊したのですが
1泊ずつお部屋を変えて
『プレミアムツイン』『ヴィラスイート(2階)を利用させて頂きました♪

そのうち今日は「プレミアムツイン」の方のお部屋をレポートしていきます☺

お部屋の種類なども含め『ひらまつ沖縄』がどんなホテルなのかを
わかりやすくまとめたブログがありますので、そちらも参考にして下さいね(^O^)

ひらまつ沖縄☆まとめブログ|全室ジャグジー付き&高級フレンチを堪能♪

【ひらまつ沖縄】プレミアムツイン☆304号室は当たり部屋!

ひらまつ沖縄は全客室数が19室というプライベート感が高いホテル☆

全室に屋外ジャグジーが付いている豪華仕様ですが
造りの問題で、ジャグジーを含めテラスがけっこう丸見えになってしまうお部屋も多いんです(^_^;)

この点に関しては『ひらまつ沖縄まとめブログ』で詳しく解説しているので割愛させて頂きますが
プレミアムツインであれば『304号室』が当たり部屋なんですよ(笑)

がじ店長
がじ店長

詳しくはまとめブログをご覧ください☆

で、今回僕たちはラッキーな事に304号室でしたー(゚∀゚)

わーい (/・∀・)/

ひらまつ沖縄では基本的に予約時に部屋番号指定は受け付けていません☆
(公式ホームページや宿泊予約サイトにもはっきりと記載してあります(^_^;))

ただ、僕は元々のリサーチでプレミアムツインというお部屋が2部屋しか設定が無いという事と、プレミアムツインは303と304だという事、おおよそのお部屋の位置関係までわかっていたので、言うだけタダだし(^O^)と思って、

一休で予約する際に『できれば人目に付かないお部屋だと有難いです』というリクエストをしておきました(笑)

もちろんこのリクエストに対しての回答はありませんしチェックインするまではわかりませんが、このリクエストが効いたのでしょうか?

無事に304号室に当ててもらうことが出来ました!

もちろん絶対とは言いませんが、皆さんも希望のお部屋があるのであれば
ダメ元でさりげなくリクエストしてみる事をおすすめします♪

さて、お目当てだった304号室を利用出来る事になり
かなりテンションが上がってしまいましたが、さてどんな感じのお部屋でしょうか?

詳しく見ていきましょう!

イメージが付きやすいように
最初にひらまつ沖縄の全体図を(^^♪

僕が利用した304はご覧の通り、奥側の端っこです☺

ちなみにお隣の303もプレミアムツイン、
更に隣の302と301はスタンダードツインのお部屋です☆

ひらまつ沖縄☆304号室のお部屋紹介(ベッド&リビングルーム)

では改めまして304号室を♪

ひらまつ沖縄のお部屋は全て玄関は個別?みたいな感じですので
玄関からして高級感がありますね☺

第一印象は、とりあえずめちゃくちゃオシャレ!

滞在中は天気が良かったので使う事はありませんでしたが
傘も用意してありますし、傘立てもオシャレです(^O^)

中に入ると、特に玄関っぽいスペースは無くて
いきなりお部屋という感じ☆

先にお部屋の全体がわかりやすい画像を載せます☆

扉を開けるとこのような感じ(^O^)

オシャレなアジアンリゾートという雰囲気で
とても素敵です♪

この奥にバスルームがありますよ☺

テラス側から見た感じ☆

画像右奥にあるのが玄関です☺

正面に見えているのがウォークインクローゼット、冷蔵庫、その隣にある扉はトイレに見えるかもしれませんが開かない扉です(笑)

がじ店長
がじ店長

304と303はコネクティング可能ですので
両方のお部屋を利用した場合はこの扉を使ってお互いのお部屋を行き来することが出来ます(*^^*)

ベッド側から☆

テレビはたぶん42インチくらいな感じでしたけど、方向的にはベッドから見やすくて良かったですね☺

では細かい部分を見ていきましょう♪

ウォークインクローゼット☆

十分な広さがあるので多少荷物が多くても問題なさそうです☺

写真に撮り忘れましたが、引き出しの中にはルームウェアとパジャマが入っています☆

棚の上にはプールセット(^O^)

ビーチバッグとバスタオル、持ち帰りOKの島ぞうりもセットされています♪

がじ店長
がじ店長

ひらまつ沖縄はビーチサンダルではなく『島ぞうり』です!

島ぞうりはビーチサンダルよりもソールが厚くてしっかりしているのが特徴ですので、ビーチサンダルと比べると歩きやすいですよ☆

バスタオルの横に刺さっている網は、テラスのジャグジー用で
葉っぱや虫さんを取り除くための物です☺

お部屋に戻って、先程よりも少しアップで☆

大きめのソファーの前にあるのはオットマンになりそうなテーブル(笑)

テーブルの上には沖縄北部を中心としたの観光ガイドや
ひらまつ沖縄周辺(宜野座)の案内パンフレットなど☆

左上にある『大石林山』はマジでオススメなので
少し遠いですが、時間があれば是非一度行ってみて欲しいなと思います☺

ソファーの背もたれ側には冷蔵庫やコーヒーセットがあります☆

このクラスのホテルにはデフォルトでセットされている事が多いネスプレッソはもちろん完備☺
ティーパックのお茶類もあります☆

電気ケトルがバルミューダというところがオシャレだと思う庶民の僕。

この棚の下には冷蔵庫があるのですが
ひらまつ沖縄の冷蔵庫の中身はちょっとレベルが高いので
お部屋紹介の後に内容を詳しくご紹介します♪

では続きを☆

ベッドはセミダブルサイズが2台です☆

クッション以外の枕が2つありますが、2つとも同じ柔らかさの枕で
しかも両方とも柔らかすぎて(ぺっちゃんこになってしまうので)、僕たち夫婦の感想としてはちょっと合わなかったかな(^_^;)

がじ店長
がじ店長

僕はクッションをバスタオルで包んで枕代わりにしました^^;

ベッド横に照明とシーリングファンのスイッチ☆

ベッド周辺にはコンセント類の数が少ないので
別の場所を使用しないと厳しい時もあるかもしれません(^_^;)

テレビボードの下には、何やらオシャレそうな雑誌たち☆

高級ホテルの雑誌や、ドバイとか書いてある雑誌まで(笑)

セレブ用ですね~(^◇^)

あとはバスルームに行くまでのスペースにデスクがあります☺

このデスクの上にホテル案内や電話、コンセントもあります☺

アップで写していませんがミラーの下に写っている黒い箱みたいなものは
Bluetoothスピーカーなのですが、このスピーカーは防水仕様+持ち運びできますので
テラスやお風呂なのでも使えますよ♪

がじ店長
がじ店長

電池式なのか充電式なのか確認していませんが
夜から朝まで使っていても切れませんでした☺

デスクの上にルームサービスメニューもありましたので一緒に載せておきます☆

フード類は種類が豊富とまではいきませんが
前菜から主食まで一応揃っていました☺

ちなみに、今後アップ予定のプール編でもお伝えしますが
屋外プールで注文できるメニューと、ルームメニューはほとんど同じメニューとなります(^^♪

ひらまつ沖縄にはウィルキンソンのジンジャーエールがありますが
ルームサービスでもレストランでも辛口は置いていなかったです(^^;

がじ店長
がじ店長

僕は辛口ファンなのですよ。

…まぁほとんどの人にはどうでも良い事でしょうが(笑)

304号室のベッド&リビングルームは大体こんな感じでした(^^♪

ちなみに、ひらまつ沖縄は基本サービスとして『ターンダウン』があります☺

不要であればチェックインの際に伝えましょう☆

ひらまつ沖縄のターンダウンは、時間指定というよりは
夕食に出ている間に入るようです☺

ターンダウン時のお部屋の様子はこんな感じ☆

テーブルには黒糖と翌日の天気予報&日の出時間☺

ご参考までに♪

【ひらまつ沖縄】304号室のバスルーム☆ブルガリアメニティーで豪華仕様!

次はベッド&リビングルームの奥にあるトイレやバスルームがあるスペースを見ていきましょう!

バスルームを覗いた瞬間、豪華すぎてちょっとびっくり(゚д゚)!

奥さんも
『わ~!!すごーい!!』と叫んでいました(笑)

ほら。
なんか、とりあえず凄くないですか?(笑)

雰囲気はもちろんなんですけど、とにかく広い!!

バスルームでこの面積はかなり贅沢ですよね~( ゚Д゚)

高級感しかないバスルーム(笑)

洗面台をアップで☆

新しめのホテルには増えていますが
ひらまつ沖縄も照明付きのミラーでした☺

こういうのって化粧がしやすいのかな?

女性には嬉しい機能ということなのでしょうね(^O^)

アメニティー類とタオル☆

何やらたくさん入っていたので全部出してみました☆

  • 日焼け止めジェル
  • コットン・綿棒・ヘアゴム
  • ヘアブラシ
  • シェービングキット
  • 歯ブラシ
  • ボディータオル
  • サニタリーバッグ
  • シャワーキャップ

なんか、ホテル名入りの箱に入っているだけも統一感があって高級感がありますね!

たしかヘアブラシや髭剃りはちょっと立派なやつだったような気がします(笑)

で、ひらまつ沖縄のバスアメニティ―はブルガリ♪

シャンプー、コンディショナー、シャワージェル
ボディーローションと石鹸です☺

ブルガリのこのセットは
ひらまつ沖縄のショップでも販売もされているのですが
確か4.000円くらいだったかな?

小さいのにそれなりに高かったような(^_^;)

さすがブルガリなだけあって、香りは一般的なシャンプーよりも少しだけ強め☆

でも香りは良いので、特別敏感な方でなければ問題ないと思いますね(^^♪

こちらはバスソルトと女性用のスキンケアセットです(^O^)

バスソルトはとても良い香りがしてリラックスできました♪

スキンケアセットに関しては、デフォルトではお部屋にセットされていませんが
お願いすればもらえます(^^)

ひらまつ沖縄は宿泊予定の数日前に確認の電話をくれるのですが
その際にレストランの利用やアレルギーの有無、それ以外にも
『何かお手伝いできることはありますか?』と聞いてくれますので
僕はこの時に奥さん用のスキンケアセットをお願いしました(^O^)

もちろん到着してからお願いしても大丈夫ですが
先に言っておくと最初からお部屋にセットしておいてくれるのでスムーズだと思います♪

ちなみに、ひらまつ沖縄のスキンケアセットは『Plusui(プラスイ)というものですが
うちの奥さん的に、元々何かの際に頂いたプラスイの試供品がとても良くて
今使っている物から切り替えようとしていたところ、たまたまひらまつ沖縄でプラスイだったので
とても喜んでおりました(*^^*)

洗面台の向かいにはトイレです☆

タンクレスのスタイリッシュトイレ(笑)

最近の高級ホテルに多いガラス扉(もちろん見える事はありません)
とてもオシャレですが、ガチャっと閉まる感じではないので音漏れはすると思います(^^;)

とはいえ、304号室の作り的に
ベッドルームとトイレはけっこう距離があるので、まだまだ恥じらいのあるカップルの方たちにも安心だと思いますが(笑)

バスタブとシャワーブース☆

なんか全体的に空間が広いので『お風呂場』という感じがしませんね(^^)

シャワーブースの広さもけっこう広めで、とても使いやすかったです☺

水圧も問題ありませんでした♪

バスルームはテラスと繋がっていますので
ジャグジーを使った後にそのままお風呂に入ったりシャワーを浴びたりもOK!

ひらまつ沖縄はバスタブ独立型ですが、小さなシャワーが一体型になっているバスタブですので
外国人式に体や頭を洗うという動作も含め、バスタブで全て完結することもできます☺

がじ店長
がじ店長

ハレクラニ沖縄などもそうですが、最近のバスタブ独立型のホテルはこんな感じですのでシャワーブースに移動する必要が無くてとても便利♪

ひらまつ沖縄の洗面所&バスルームは
色合い的にはかなり落ち着いた雰囲気ですが、スペースが広いので圧迫感が一切なく
ただただ高級感という感じでした(笑)

個人的にはとても雰囲気の良いバスルームだったと思います♪

ひらまつ沖縄は全室にテラス&ジャグジー付き!

お部屋紹介の最後は、リゾートホテルの醍醐味ともいえるテラスをご紹介します!

ひらまつ沖縄はお部屋のグレードは関係なく
全ての客室にテラス&ジャグジーが完備されているんです♪

そして、このブログの最初で書いた『304号室が当たり部屋』という理由も
テラスに関係しているんですね~☆

まずはご覧くださいませ!

プレミアムツイン304号室のテラスはこのような感じ\(^O^)/

このテラス、素敵すぎませんか?(笑)

かなり余裕のある広々テラス!

右側に見える大きな窓がバスルームとの出入り口になります(^^♪

反対側から(^O^)

ここで、先程の304が当たりという理由をお話ししますが
その理由としては大きく2つ!

  1. テラスの向き的に人目を気にせずにジャグジーを楽しめる!
  2. 視界を遮るものが無く、見晴らしが最高!
  • テラスの向き的に人目を気にせずジャグジーを楽しめる

わかりやすいように画像で説明しますが
304号室のテラスは赤い矢印方向を向いております☆

同じプレミアムツインでも、お隣の303号室やスタンダードツインの302、301のテラスは
正面を向いているんですね☆

で、その正面にあたる所には普通に通路があり、201~204号室の玄関はこの通路に面しています☆

もっと言うと、301~304に関しては
奥の部屋に行く為にはそれよりも手前の部屋のテラスの前にある階段を通る必要があるんです(^_^;)

がじ店長
がじ店長

例えば、304は一番奥になるので
301、302、303のテラスの前の階段を通る必要があります。

人の部屋やテラスをそんなにジロジロ見る人はいないと思いますが
僕はちょっと気になるタイプなので(^_^;)

これが304だけはテラスが正面向きじゃないので
人の目はほとんど気になりません(゚∀゚)

  • 視界を遮るものが無く、見晴らしが最高!

301~304は全体的に見ると奥側に設定されているお部屋となります☆

スタンダードツイン(301・302)はお部屋の位置が低い場所にある為
テラスの目の前には別のお部屋があって見晴らしは良くありません(^_^;)

303と304はお部屋の位置が少し高くなりますが
303に関してはテラスの向き的に、やはり他のお部屋が被ってしまうので
パーシャルビューという感じになってしまいます。

その点、304はテラスの向きが変わり
視界を遮る建物がありませんので、かなり見晴らしが爽快です♪

どうでしょうか?
完全なるオーシャンビューですね!

ちなみにこの画像の左側が301~303のテラスの向きです☆

ひらまつ沖縄は周りに何も無いので、とっても静か(^^)

テラスの居心地も良いし景色は最高だし、リラックスするには本当に良い環境です。

このテラス、朝日を見るには最適な方向ですが
この日はちょっと出遅れました(^_^;)

それでもこのテラスで飲むモーニングコーヒーは最高です♪

304号室のテラスは本当に良かったですよ!

ひらまつ沖縄は冷蔵庫内ドリンクは無料!クオリティーも高い!

普段であれば冷蔵庫内の内容に関しては
お部屋紹介の際に一緒に書いてしまうのですが
ひらまつ沖縄は他のホテルとは一味違うラインナップでしたので
別枠でご紹介します(笑)

冷蔵庫の中はこんな感じ☺

ひらまつ沖縄はお部屋のランク問わず、冷蔵庫内のドリンクは全て無料です(゚∀゚)

  • 美ら海水族館方面にある伊江島の特産品【イエソーダ】
  • フランスの高級ブランド【アランミリア】のジュース
  • さんぴん茶
  • ポカリ
  • ウィルキンソンのスパークリングウォーター
  • イタリアブランド【フェッラレッレ】のスパークリングウォーター

皆さん、これはかなり高級路線ですよ(笑)

高級レストランブランドである「ひらまつ」なだけあって
このドリンクチョイスはさすがという感じ( ゚Д゚)

アランミリアのジュースとか普通に高いですからね!

たぶんこのジュース1本で1000円近くするんじゃないかな?

スパークリングウォーターもウィルキンソンだけじゃなくて
フェッラレッレをメインにしているあたり拘っている感がありますね~(笑)

少なくとも僕は今まで利用したホテルでフェッラレッレを置いている所は見たことがありません(*_*)

部屋の冷蔵庫にセットされているスパークリングウォーターだと
ほとんどがペリエかウィルキンソン辺りじゃないでしょうか?

がじ店長
がじ店長

僕は普段から炭酸が好きなので色々飲みます!
レストランとかに行くとサンペレグリノを置いている所も多いですが
フェッラレッレは中々見ませんねー!

今ブログを書きながら、ふと気になってしまったので
厭らしいですが、ざっと計算してみました(笑)

おおよそですが、ひらまつ沖縄の冷蔵庫内ドリンク(ミネラルウォーターは除く)
総額で3.000円~3.500円くらいにはなりそうなラインナップ。

ホテルによってはもっと本数が多かったり
金額としてはもっと高額分がサービスという事はもちろんありますが
そのようなホテルは宿泊代金もその分高額です(^^;

ひらまつ沖縄はお部屋のクオリティーのわりに宿泊代金がそこまで高くないので
そこを踏まえて考えると、ブルガリアメニティーやアランミリアなど
これがサービスというのはかなり太っ腹だとしか思えません( ゚Д゚)

しかも、ひらまつ沖縄には確か自販機などは置いていなかったはずですので
部屋のドリンクが無料というのはとても嬉しいですね!

ひらまつ沖縄宿泊記ブログ☆お部屋編(プレミアムツイン)おわりに

はい、ということで
今日は【THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座 沖縄】のプレミアムツイン304号室のお部屋について詳しくレポートしてみました!

このお部屋を利用してみての感想は

コスパが良い!

お部屋のタイプを別として、ひらまつ沖縄全体の雰囲気として考えても
もっと高額でも良いと思いましたね!

僕は夕食は別で利用しましたが
プレミアムツイン(朝食付き)で1泊2名合計で61.000円くらいでした!
(一休で予約しているので5%安くなった金額です)

コテージタイプでこの広さ、インテリアも豪華だし
広いテラスにジャグジー付き、ブルガリアメニティー&冷蔵庫フリーでこの値段ですよ?

がじ店長
がじ店長

別記事で書きますが、ひらまつ沖縄全体のサービスとして
プールサイドでの飲食も無料のメニューがあります!

これだけの内容で1人30.000円ちょっとですから
こりゃー安いでしょう!!

旅行する時期によって価格は変動しますが
それにしたって他のホテルと比較すればコスパが高いと思いますね!

で、最初にも書きましたが
プレミアムツインであれば確実に303より304が良いと思いましたので
ダメもとでリクエストすることをおすすめします♪

気になった事といえば、新しめのホテルの割にUSBポートが無かったことと
コンセントもちょっと少なめだったこと。

あとは枕がちょっと微妙だったことくらいでしょうか(^_^;)

ただこれは、プレミアムツインだからというよりも
たぶんひらまつ沖縄全体で言える事だと思うので
そう考えると、304号室個別で気になる事ってあまり思いつかないですね(笑)

それくらい良いお部屋でしたよ!

ひらまつ沖縄の客室の特徴や目安金額は『ひらまつ沖縄まとめブログ』に書いてありますので
是非参考にしてみて下さいね☺

それでは今日はこの辺で!

沖縄【クラブフロア】があるホテル特集♪【一休】はポイントが先に使えるから安い!